メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

日本の若者立ち上がれ!いまこそ目指す「クラフトマン」がかっこいい

投稿日時:2014-09-17 05:00:00

日本一憧れの職人集団を目指すプロジェクト再始動
不動産のトータルプロデューサーを行うケイアイスター不動産株式会社は、若い正社員を採用し職人に育て上げる「クラフトマン制度」に力を入れ、今年8月には採用募集ページをリニューアルした。職人不足という現状を打開する積極的な取り組みが始まっている。
(画像はプレスリリースより)

国内外を問わず「職人」を育てる
同社は戸建、マンション、宅地造成など、仕入れ、設計、施行、販売からアフターまでトータルプロデュース。そして人材育成のため、2012年4月より「クラフトマン制度」を施行、現場作業のみならず、講義や実習などを通し、一人前の伝統技能継承者を育てる。

また海外の採用も行っており、ベトナムより5名が決定。国内採用同様に職人を育て、帰国後も母国での活躍と建設業界の発展を担うのが目的。今後も継続的に採用し、国内では9月より新卒採用選考を本社埼玉、九州福岡にて開催を予定している。

ものづくり「日本」を再び
熟練大工職人の高齢化により、職人の減少が危惧されている。国税調査によると、1980年のピークに93万人だった職人は、オリンピックイヤーとなる2020年には20万人に減少すると言われている。かつて、ものづくり文化の象徴として木造建築を支えてきた日本。同社は「不安定収入」というイメージを打開し、業界の活性化と地位向上を目指す。


▼外部リンク

ケイアイスター不動産株式会社のプレスリリース(バリュープレス)
http://www.value-press.com/pressrelease/131105