メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

世界初!マンション向け「エネファーム」発売

投稿日時:2013-10-22 14:00:00

発売は来年
東京ガス株式会社とパナソニック株式会社、2社共同でマンション向けのエネファームを開発した。2014年4月1日(火)に東京ガス株式会社が発売を開始する。燃料電池ユニット、貯湯ユニット、バックアップ熱源機の3つをマンションのパイプシャフト内に設置することを可能にしたのは世界初であり、2014年度に500台受注する計画である。
(画像はプレスリリースより)
エネファームとは
CMで耳にしたことのある人も多いかもしれないが、エネファームとは家庭用燃料電池のことである。

発電させるために空気中の酸素と都市ガスから取り出した水素で化学反応を起こさせ、その発電した電気を家庭内で使用する。電気をつくる場所と使用する場所が同じなので送電ロスがない上に、発熱時に出る熱も給湯に利用できる。一切無駄のないすばらしいシステムである。

製品の特徴
機器本体の気密性を上げ、外装パネルの素材を厚くすることなどし、3つのユニットを開放廊下側のパイプユニット内に設置できるようにした。

パイプシャフトの扉を開いた状態
(画像はプレスリリースより)

パイプシャフトの扉を閉じた状態
(画像はプレスリリースより)

3つのユニットをパイプシャフト内に設置することを可能にしたのだが、複数のパイプシャフトに分離して設置することも可能である。設置方法を増やし、さまざまな集合住宅のデザインに対応できるようになっている。

また、マンションの設置基準を満たすために耐震性が高められ、風圧の影響を低減したので高層階にも設置できる。

利用者にとってうれしい利点はなんと言っても光熱費節約ではないだろうか。モデルケースで年間約3~4万円節約できる。しかも、年間CO2排出量を約1.0トン削減でき、環境にもやさしいシステムである。


▼外部リンク

東京ガス株式会社(プレスリリース)
http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20131021-01.html

パナソニック株式会社
http://panasonic.co.jp/index3.html