メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンション居住者の約66%が「自宅に虫が発生したことがある」!マンションでの虫対策とは!?

投稿日時:2014-10-02 10:00:00

マンション・ラボが「虫・昆虫の駆除・対処に関するアンケート」を実施
株式会社つなぐネットコミュニケーションズが運営する「マンション・ラボ」では、2014年6月25日~7月8日の期間中、マンション居住者を対象とした「虫・昆虫の駆除・対処に関するアンケート」を実施した。

そしてこの度、このアンケートの結果が、「マンション・ラボ」にて公開された。

(この画像はアンケート結果より)

マンションにも虫は発生する
一般的にマンションにおいては、虫が発生しにくいと考えられているという。そこで今回、本当にマンションでは虫が出にくいのかを調査。

「マンションの自宅内で、1年以内に虫が出現したことがあるか?」を聞いたところ、「出現したことがある」と答えた人が、全体の66.2%にものぼることとなった。

特に、その傾向は、ガーデニングをおこなっている住居において多く見られ、1階に住んでいる人の割合が、81.0%とダントツに多いようだった。

そして、マンションに出現しやすい虫にあげられたのが、コバエ(61.2%)、蚊(55.0%)、クモ(38.0%)など。また、難敵となるゴキブリ(19.7%)、ダニ(7.4%)、ノミ(1.2%)などもあげられている。

マンション向けの虫対策とは
今回の調査の結果、マンションにおいても、虫が発生する例が多くあることが判明。しかも、高層階においても、少なからずその傾向があるようだ。

そこで今回、国内の大手殺虫剤メーカーに、マンション向けの虫対策について聞いてみたところ、蚊やハエなどは風に乗ってやってくるため、高層階だといって安心できないことが判明。しかもその階で繁殖すれば、1階でも最上階でも同じだという。

そこで必要なのが、まず発生源を確認すること。バルコニーや窓際などをしっかりチェックし、発生源に駆除用の殺虫剤を吹き付けることが大切だという。

また、あらゆる場所から侵入するゴキブリにおいては、排水管内を通ってやってくることも。そこで、洗面所やシンク下の排水パイプの隙間、エアコンの排水パイプなど、あらゆる隙間を埋めるか、網などで覆う対策も必要だという。

その他にも、ゴキブリの侵入しやすい場所に殺虫剤を設置する、ゴキブリのエサになる食品類を放置しないなど、あらゆる対策があるようだ。

おすすめの殺虫剤も紹介
今回、マンション向けの虫対策を聞いた国内の大手殺虫剤メーカーは、おすすめの殺虫剤も紹介してくれた。

まず、風に乗ってやってくる蚊に効くのが、アース製薬の「アースノーマット60日セット」や、ライオンの「バルサンうじ殺し乳剤」。

ゴキブリには、アース製薬の「ゴキジェットプロ」や「医薬品ゴキジェットプロ秒殺+まちぶせ」、ライオンの「バルサンまちぶせスプレー」など。

そして、気づかぬうちに室内でも発生するハエやコバエには、アース製薬の「コバエがホイホイ」、ライオンの「バルサンうじ殺し乳剤」などがいいという。

その他にも、国内の大手殺虫剤メーカーによるマンションのおすすめ虫対策では、アリやカメムシなど、さまざまな虫への対策とともに、それぞれの虫におすすめの殺虫剤が紹介されている。


▼外部リンク

マンション・ラボ「虫・昆虫の駆除・対処に関するアンケート」
http://www.mlab.ne.jp/enquete/results/results_20140808-2/

マンションのおすすめ虫対策
http://www.mlab.ne.jp/life/news_life/news_life_20140918/