メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンションは暮らしを守る資産、外観はあなたの暮らしをいたわる資産

投稿日時:2014-10-23 03:00:00

景観悪化を防ぐマニュアルを管理組合へ無料配布
分譲マンション・団地の植栽管理事業を行っている東邦レオ株式会社は、マンションの植木や芝生、花壇などの植栽を、改修工事による枯損や景観悪化を未然に防ぐための対策、確認、復旧技術などをまとめた40ページの小冊子マニュアルを発刊した。マンションの管理組合に無料で配布を行う。
(画像はイメージです)

仮設物の撤去に伴う植栽は補償なし
マンションの修繕工事は数ヶ月に渡り、その間、植栽地は足場工事、資材置き場などに利用され、職人の出入りによる土壌の固結や根系の酸欠、日照不足による生育不良や水分不足による枯損など、樹木や植物へ被害が及び、工事修繕後に外構・エントランスの美観を損ねてしまうケースが多い。しかも、仮設物の撤去に伴う植栽の枯損復旧は管理組合負担とされている。

マンションの数だけ修繕工事も
平成24年末時点で、マンションは全国約590万戸、1450万人が居住している。資産価値の維持や向上を図るためには、20~30年単位の継続的な修繕工事が必要とされている。国土交通省が4月に発表した「平成25年度マンション総合調査」によると、実に89%のマンションが長期修繕を計画している。

このマニュアルでは、施行前に樹木を守る対策や、工事契約の際の取り決めを行うなど、トラブルを未然に防ぐ内容が掲載され、マンション管理組合には欠かせないマニュアルとなりそうだ。

問い合わせ 東邦レオ株式会社 事業担当窓口 03-5907-6628


▼外部リンク

東邦レオ株式会社のプレスリリース(バリュープレス)
http://www.value-press.com/pressrelease/132843