メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

住まいの冬支度で家計節約!省エネと結露防止のコツ

投稿日時:2014-10-28 09:00:00

住まいの冬支度で家計節約!省エネと結露防止のコツ
個人向けに不動産のコンサルティングおよびホームインスペクション(住宅診断)を提供しているさくら事務所は、この冬に備えた電気代の節約方法と、結露を減らすポイントを発表した。
画像はプレスリリースより)

電気代は37%上昇
そろそろ寒くなってくる10月。衣替えの季節とともに、衣類だけでなく住まいの冬支度として対策を考えておきたいのが「電気代(暖房代)」と「結露」である。

東京電力の調べによると、家庭向けの電気料金は、震災後から今年7月までの間に一般家庭で約37%上昇している。今年の冬も暖房代が増えることが予想されるため、少しでも省エネ対策をしておきたいものだ。

また、寒い季節特有の悩みごととしてあげられる「結露」にも対策を施したいもの。

そこで、同社ではこの度、建物のスペシャリストであるホームインスペクターが「冬に備える!住まいの電気代と結露を減らすポイント」をまとめて発表した。

自分でできる冷気の入り込みを防ぐための窓際の工夫や、結露の発生を減らすコツについて解説している。下記にポイントを抜粋した。

冬用カーテンに替える
冬の間だけ、風を通しにくい素材のカーテンやロールスクリーンなどにカーテンを替えるのが効果的だ。厚めの生地で空気を含んでいるものが良い。室内に冷気が入りにくくなるため、主に朝・晩の冷えに対策としておすすめだ。

インナーサッシを取り付ける
インナーサッシは室内用の窓である。年間を通して窓の断熱性能を高めたい方にはおすすめだ。空気の入れ替え時などに窓を2回開けなくてはいけないので多少手間ではあるが、冬は冷気が入り込みにくく、夏はエアコンで冷えた室内の冷気を外に逃がしにくくなる。また、インナーサッシを取り付けることで窓の遮音性能も向上する。

窓に空気を含む素材を密着させる
梱包用の気泡緩衝材などを窓に隙間なく貼りつけると、窓の内側が冷えにくくなり、さらにサッシやガラスの表面に水蒸気が付着しにくくなるため、結露が軽減できる。最近では、専用の窓用断熱製品もある。外が見えにくくなり、見た目もあまりよくないためリビングなどには適さないかもしれないが、軽い素材で扱いやすく、切り貼りも簡単であることから、寝室などに適している。


▼外部リンク

株式会社さくら事務所
http://www.sakura-his.com/?p=3795

プレスリリース(ドリームニュース)
http://www.dreamnews.jp/press/0000101732/