メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

不動産経済研究所が首都圏マンション・建売市場動向2014年10月度を発表

投稿日時:2014-11-18 17:00:00

10月の首都圏マンション新規物件発売戸数は9か月連続で減少。契約率も低調な結果に。
不動産経済研究所は10月の首都圏マンション市場動向を発表した。それによると、2014年10月の首都圏マンション新規物件の発売戸数は前月比-6.3%、前年同月比-10.9%の3,125戸となり、9か月連続で減少した。

地域別では、東京都区部1,381戸(全体比44.2%)、都下242戸(同7.7%)、埼玉県211戸(同6.8%)、千葉県499戸(同16.0%)となり、東京都が全体の51.9%を占めている。

契約率は首都圏平均が前月比-8.3ポイント、前年同月比-16.3ポイントの63.3%でとなっており、直近3年間で最低の数値となる。地域別では、都区部71.5%、都下59.5%、神奈川県60.2%、埼玉県80.6%、千葉県39.9%という状況だ。

1戸あたりの平均価格は首都圏平均が前月比-4.3%、前年同月比-7.1%の4560万円で、2011年10月以降の最高価格となった2014年8月5,684万円から2か月連続の減少となった。

平米あたりの単価は前月比-4.1%、前年同月比-10.3%の63.8万円となり、こちらも減少した。地域別の1戸あたりの平均価格および平米あたりの単価は東京都区部5,338万円、77.7万円、都下4,525万円、61.3万円、神奈川県3,926万円、54.9万円、埼玉県3,559万円、51.6万円、千葉県3,850万円、48.9万円となっている。

首都圏の建売住宅発売戸数は前月比8.4%増の452戸
首都圏の建売住宅市場の動向も発表されており、それによると、2014年10月の新規建売住宅発売戸数は前月比+8.4%、前年同月比-4.4%の452戸となった。

地域別では東京都140戸(全体比31.0%)、千葉県114戸(同25.2%)、埼玉県114戸(同25.2%)、神奈川県68(同15.0%)、茨城県16戸(同3.5%)だ。

契約率は前月比-8.6ポイント、前年同月比-18.3ポイントの36.5%、地域では東京都29.3%、千葉県26.3%、埼玉県26.3%、神奈川県79.4%、茨城県62.5%となっている。

首都圏の1戸あたり平均価格は総額で前月比-3.0%、前年同月比-2.3%の4,409.5万円、地域別では東京都4714.9万円、千葉県3721.7万円、埼玉県3752.6万円、神奈川県6033.9万円、茨城県4414.4万円という状況だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

首都圏マンション・建売市場動向2014年10月度
http://www.fudousankeizai.co.jp/share/mansion/186/