メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

日本マンション管理士会連合会と日新火災が業務提携!管理組合向け火災保険を共同開発

投稿日時:2015-02-12 22:00:00

日管連と日新火災が業務提携を発表
2015年1月27日、一般社団法人日本マンション管理士会連合会(日管連)と日新火災海上保険株式会社が、業務提携契約を締結した。

この業務提携により両社は、マンション管理組合向けの火災保険を共同開発。2015年10月の新商品発売を目指していく。

マンション管理士による診断がセットになった新火災保険
高経年化が進んだマンションにおいて、水漏れ事故などが多発している。

そんななか、このような事故への対策として、保険引受の制限や保険料値上げなどを実施する損害保険株式会社が増えているという。

そして日新火災でも、日管連と業務提携し、マンション管理士による管理状況の診断を実施することを決定。管理状況が良好な高経年マンションを対象に、積極的な保険引受を実施することにした。

今回の業務提携により、日新火災と日管連は、マンション管理組合向け火災保険を開発していく。

新火災保険でマンションの住環境の維持・向上
日新火災と日管連が業務提携により実施するのは、以下の2点。
○マンション管理組合向け火災保険の共同開発
○マンション管理士による管理状況の診断制度の構築

(ニュースリリースより)

両社は今後、マンション管理組合に向けて、良質な管理に相当する火災保険を提供。マンションにおける住環境の維持・向上を図っていく考えだ。


▼外部リンク

日新火災海上保険株式会社によるニュースリリース
http://www.nisshinfire.co.jp/info/archives/