メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

名古屋市開発エリアで多様化した暮らしを共創する大型複合賃貸マンション

投稿日時:2015-03-08 06:00:00

東海エリアの大型複合賃貸マンション
大和ハウス工業株式会社は2015年3月5日、名古屋市の大型再開発エリアに複合賃貸マンション「ロイヤルパークスERささしま」を竣工。大規模なシェアルーム、賃貸では日本初の二世帯ルームや、保育園、有料老人ホーム等を併設した大型賃貸マンションだ。
エリアの特徴を生かして
エリアは「ささしまライブ24地区」で、名古屋市が国際交流の拠点として進めている開発地区。JICA中部国際センターを始め、大学キャンパスや企業、商業施設が進出を始めている。

同マンションは、英語対応可能なコンシェルジュを設け、東海エリア最大級となる130室のシェアルーム、賃貸では日本初となる二世帯ルームを設置。そして認可保育園や有料老人ホームなどが併設されているのが大きな特徴だ。

その他コンビニエンスストアや様々な共用施設、緊急災害にも対応できる救助用機材・帰宅困難者の受け入れ場所なども確保している。

賃貸マンションに「暮らしの価値共創」
同社は2005年より三大都市圏を中心に都市型賃貸マンションを展開している。交通の利便や開発地区の特徴を生かし、多様なライフスタイルに対応できる賃貸マンションで、「人・街・暮らしの価値共創」を目指す。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大和ハウス工業株式会社のプレスリリース
http://www.daiwahouse.co.jp/release/20150304160640.html