メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

「家」を手放しても、「暮らし」は手放さない事業を開発/NENGO

投稿日時:2015-04-09 16:30:00

「売却しても引越しいらず」
不動産事業に携わる株式会社NENGOは、「売却しても引越しいらず」というサービスを始動。物件を売却しても、そのまま賃貸として住み続けることが可能になる。愛着のある暮らしを守るという発想の、新しいサービスだ。
暮らしを継続する
同サービスは、現在暮らしている物件を何かの理由で売却する必要が生じた場合、同社が買い取り、賃貸として住み続けることができるというもの。

同社が買い取るため契約と同時に決済が行われ、1ヶ月以内の買収が可能。広さ、築年数の制限はなく、東京23区と神奈川県(川崎、横浜、逗子、鎌倉、葉山)のエリアが対象になっている。(一定の条件あり)

家と街と暮らしをみつめて
このサービスなら、たとえ家を手放すことになっても、今までの暮らしを手放す必要はなく、引越しにかかる費用や労力などの負担もかからない。

同社は、「いつの時代も『100年後も残したい』と思える街つくり」を目指している。不動産・建築・リノベーション・ペイント・耐火被覆や断熱工事など、様々な不動産事業を展開し、その土地と風土に合わせ、長く価値のある家・街つくりに取り組んでいる。今回のサービスは、その実績から得た同社ならではの発想と言える。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社NENGOのプレスリリース
http://www.nengo.jp/release/20150408.pdf