メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

区分所有者全員合意 老朽・耐震不足のマンション建て替えへ~旭化成不動産レジデンス

投稿日時:2014-03-17 21:00:00

老朽化・耐震不足で所有者が全員同意
旭化成不動産レジデンス株式会社(本社:東京都新宿区、以下:旭化成レジデンス)は3月14日、老朽化したマンションの建て替えに着工したと発表した。
(画像はプレスリリースより)

当該のマンションは昭和37年に竣工した建造物。老朽化し耐震性も不足していることから、区分所有者が全員同意した上での任意建て替えとなる。

建て替え検討中に大震災
きっかけは東日本大震災だった。平成21年に簡易耐震診断により耐震性不足が判明。立て替えの検討を始めていたが、平成23年3月の東日本大震災という未曾有の災害を目のあたりにしたことで住民が建て替えを決断したという。

今後の重要課題は、床面積増加が見込めず
旭化成レジデンスでは、これが18件目の建て替え案件。既に2月から解体工事に着手しており、平成28年1月に竣工を予定する。

今回のケースは、昭和40年以前に建設された建造物で、現行の建築法では容積率がオーバー。また、日照権の問題などもあり、新しくなるマンションでは床面積が大きく減少するという。

旭化成レジデンスでは
既に約120万戸といわれる築30年超のマンションの再生では、建て替えによる面積増加が見込めないマンションの再生が重要な課題となっていくと思われます。

当社ではこれまでの経験から得られた様々なノウハウを活かし、今後もマンション建て替え事業に積極的に取り組んで参ります。
(旭化成レジデンス プレスリリースより引用)

とコメントしている。


▼外部リンク

旭化成レジデンス プレスリリース
http://www.asahi-kasei.co.jp/j-koho/press/20140314/index/

旭化成レジデンス HP
http://www.afr-web.co.jp/fudousan/index.html/