メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

「ほどよい距離感」が注目・二世帯近居に関する調査結果

投稿日時:2015-05-10 07:45:00

同居・近居に関する調査
野村不動産アーバンネット株式会社は、「同居・近居」に関する調査を実施した。近年注目の住居形態である「二世帯近居」。近くにいながらもお互いのプライバシーを保持する暮らし方の実態や満足度を報告している。
ほどよい距離感
同居・近居をしている人それぞれに希望の住居形態を質問したところ、「今のままがいい」という答えは同居している人が67.6%、近居している人は84.0%で、近居している人は現状の満足度が高いことが判った。

その理由としては、「プライベートを保ちたいから」が63.8%、「ライフスタイルが違うから」が52.4%。

また現在同居をしている人に、「近居」について感じるメリットを質問したところ、「ほどよい距離感」と答えた人が73.9%で最も多い回答となった。お互い近くにいながらも、それぞれのプライバシーや生活習慣を維持できるところが魅力のようだ。

今後も近居増加が予想
ほどよい距離感を保ちながらも、何かあったら駆けつけられる、孫の面倒をお願いできるなど、お互いの思いやりや助け合い、経済的な支援なども大きなメリットとなる。

この調査結果で「近居」という住まい方が今後も増加する見込みから、同社では二世帯近居に関する相談や紹介を行い、質の高いサービスとサポートを提供していく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

野村不動産アーバンネット株式会社のプレスリリース
http://www.nomura-un.co.jp/page/news/pdf/20150507.pdf