メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

2014年の近畿圏マンション市況、大予測!!

投稿日時:2014-03-23 10:00:00

記念すべき第1回目の結果は?!
大阪不動産マーケティング協議会(事務局 大阪市中央区)は、会員企業を主な対象として『第1回近畿圏新築分譲マンション市況アンケート調査』を実施した。
(画像はプレスリリースより)

上のグラフからも分かるように、好調な地域は限定的で、大阪市都心、阪神間、京都市などである。大阪府東部と南部では、まだ好調とは言えない状況のようだ。

好調だが限定的、価格上昇が懸念材料
2013年の市場は43%が好調という評価だったが、物件や地域によって格差が大きかった。また、モデルルーム来場者も43%が増えたとしている。その一方で、来場者が増えていない地域もあり、格差が見て取れる。

2014年の市況予測としては「売り時」ということだが、物件価格が上がることによって市況が悪化する懸念もある。売り時との回答は65%程度であり、その理由として物件価格の上昇を挙げている。

当協議会は、近畿圏における供給戸数の約30%を占める分譲住宅事業に関わる企業で構成されている。よって、本アンケートは供給サイドから見た市況予測という面で参考にしていただきたい。


▼外部リンク

大阪不動産マーケティング協議会 プレスリリース
http://www.atpress.ne.jp/releases/