メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

大切な人の「眠り」を見守る「ライフリズムナビ+Dr.」

投稿日時:2015-05-24 16:00:00

健康改善見守りシステム
大阪市立大学 医学部 疲労医学教室と、大阪市大医学部から発足したメディカルITベンチャー・エコナビスタ株式会社は、「ライフリズムナビ+Dr.」を共同開発し、2015年8月1日よりサービスを開始する。最先端の疲労医学研究による健康改善見守りシステムだ。
システムの特徴とメリット
同製品は、寝室内で非拘束型の生体センサー・活動量センサー・環境センサーなどから、「在床・離床判定」「心拍数」「呼吸数」「温度や湿度」など、あらゆるデータを自動記録し、クラウド上に収集、専門クリニックで解析するサービス。

解析されたデータは、本人、家族、介護施設スタッフ等へ医療アドバイスとレポートを報告してくれる。

またセンサーデータを常時モニタリング、普段の入居者の状況を見守ることもできるほか、アラートを通知する機能もついているため、介護スタッフや警備会社などへの連絡でき、万が一の事態にも迅速な対応が可能だ。

健康を願うすべての人、施設に
同製品は疲労医学研究の開発であることから、高齢者だけでなく疲労回復や睡眠に不安を抱えている人などにも適用できるシステムだ。今後、老健施設、高齢者向けマンションやスポーツ関連施設などへ、積極的に導入を推進していく。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

エコナビスタ株式会社のプレスリリース(@PressNews)
http://www.atpress.ne.jp/view/61998