メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンション所有者の落とし穴、修繕積立金は将来どうなる?

投稿日時:2015-05-26 18:15:00

修繕積立金の種類と現実
マンション購入の際、よく考えているつもりでも実はあまり考慮されない修繕積立金。その種類は2通りあるのはご存じでしょうか?
一つは、均等積立方式。これは文字通り、計画期間中均等に積み立てられる方式で、将来にわたり安定的に修繕積立金が確保できるという点で理想的な積立方式です。

そしてもう一つが段階増額積立方式で、当初の積立金を抑え、段階的に値上げをする方式です。また、これに修繕時における一時金の徴収などを併用する場合もあります。

残念ながら、現実に多いのは後者の段階増額積立方式で、値上げの際、区間所有者の合意形成が出来ず、修繕積立金が不足するケースも見られます。

何故、段階増額積立方式が多いの?
一言でいうとその方が売れやすいからです。マンション購入の際、「今の家賃と比べてみて下さい」という広告をよく目にした経験があると思います。

かかる月間費用としては住宅ローンと管理費、修繕積立金があり、それが安ければ安いほどマンションの購買意欲は高まります。

あなたの今の修繕積立金は妥当?
国土交通省が平成23年に出したガイドラインがあります。このガイドラインによると10 階建て、建築延べ床面積が 8,000平方メートルのマンションの、専有床面積 80平方メートルのマンションの場合は平均値が16,160円/月、価格幅は11,200円/月から21,200円/月となります。

あなたのマンションの修繕計画は?
まず、修繕積立金に興味を持ち、自分のマンションの大規模修繕計画がどのように実施されるかを確認する必要があります。

一番いいのはマンション管理組合への積極的な参加でしょう。修繕計画がどうなっていて、修繕積立金が将来どうなるかを知ることは、将来の資金計画の上でも非常に大切です。

(画像は国土交通省修繕積立金に関するガイドラインより)


▼外部リンク

国土交通省「マンションの修繕積立金に関するガイドライン」の概要
http://www.mlit.go.jp/common/001080837.pdf