メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

IoT化で鍵の受け渡しの効率化・セキュリティ強化プロジェクト

投稿日時:2015-07-07 07:00:00

「スマートキーボックス」
イタンジ株式会社に所属するエンジニア横沢祐輔氏は、スマートフォンを使った鍵の受け渡し「スマートキーボックス」プロジェクトを開始した。既存のキーボックスをIoT化することで、不動産業者、店舗運営の鍵管理、営業者の管理など幅広い利用が可能になる。
不動産業務の効率化と安全性
同プロジェクトは、既存のキーボックスにインターネットを介し、スマートフォンなどを使って鍵の受け渡しを可能にするもの。

不動産業務では、マンションから離れた場所に鍵を受け取りに行くなど、大きな手間がかかっている。またマンション現地にキーボックスを設置しているケースでは、暗証番号の情報漏洩によってセキュリティの問題も深刻化している。

親子、カップル、友人など、消費者間でも鍵の受け渡しが利用される。鍵を植木鉢など玄関周辺に隠すことによって空き巣被害、キーボックスの情報漏洩によって犯罪などに発展するケースも少なくない。

消費者の住環境を守る
今回のIoT化が実現すれば、不動産業務が効率化するだけでなく、消費者の住環境を守ることにもつながる。同プロジェクトはクラウドファンディングサイト「ReadyFor?」を通じてIoT製品「スマートキーボックス」を作成する。


▼外部リンク

Value Press!ニュース
https://www.value-press.com/pressrelease/144497