メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

イメージがないと対策できない?防災用品に関するアンケート

投稿日時:2015-10-03 13:00:00

防災用品に関する調査
マイボイスコム株式会社は、「防災用品」に関するアンケート調査を実施。それによると、災害に備えている人は3割、備えていない人は5割強という結果だった。災害の備えは4割が「防災用品の準備」だ。
防災に備える人は3割
この調査は、2015年9月1日から5日までインターネットで行い、10749件の回答を統計に出したもの。災害への備えを行っている人は30.4%、年代が高いほど比率が上がっている。しかし一方で備えていない人は52.8%で、特に20~30代の女性が7割近い。

備え・対策は「防災用品の準備」が43.1%、「家具などの転倒・落下防止」「地震保険への加入」「避難場所や経路の確認」が2割だ。

備蓄している防災用品は、「飲料水」「懐中電灯」「LEDライト」「缶詰・レトルト食品・インスタント食品」など。特に東北や近畿地方では、実体験に基づく備えの割合が高く、防災用品の点検頻度も年に1回以上が6割を超える。

備えが「特にない」も3割強
しかし「特にない」も32.1%とあり、特に20~40代の男女に多い。エリア別では特に北陸や中国・九州でその傾向にある。準備していない人は、災害がイメージできない、準備が分からないなどがあげられ、実体験をした人が多いエリアとは、感覚的に違いがあるようだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

マイボイスコム株式会社のプレスリリース
http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/20616/

マイボイスコム株式会社のプレスリリース(PRTIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000316.000007815.html