メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

実は助かる?3世代同居/子ども夫婦の意識を明らかに!

投稿日時:2015-11-25 23:00:00

オウチーノリサーチ・同居について
株式会社オウチーノは、「3世代同居」について子ども夫婦がどのような意識を持っているのか調査。それによると子ども夫婦の36.5%が、親・子・孫の3世代同居を希望していることが分かった。
同居にポジティブ・ネガティブは半数ずつ!
同調査は首都圏の20~49歳の既婚男女717名を対象に行ったアンケート調査。まず、「あなたは、3世代で同居したいか」という質問では、「したいと思う」15.5%、「自分の親とならしたいと思う」17.9%、「配偶者の親とならしたいと思う」3.1%という結果。

これらを合わせ、すでに同居していると回答した人を含めると、実に全体の46.4%が同居についてポジティブな意識を持っており、同居したいと思わない人45.0%を、わずかだが超えている。

現代に求められるライフスタイル
同居には、気遣いが増える、価値観が違う、プライバシーが確保できないなどのデメリットがあるものの、一方で「自分や子どもが急病の時に心強い」14.2%、「親の急病に対応できる」11.8%や、「共働きしやすい」「子守りを頼める」9.6%などの意見があった。

共働き夫婦や待機児童、また高齢者の一人暮らしなども増える中、お互いに助け合える環境は大きなメリット。お互いのプライバシーを尊重しながら、つながりを享受できる二世帯住宅、近居などのライフスタイルが求められそうだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社オウチーノのプレスリリース
http://corporate.o-uccino.jp/