メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

引っ越しニーズ調査「早稲田VS慶応」OB/ietty調べ

投稿日時:2016-03-28 00:00:00

早慶2校OBの引っ越しニーズは?
株式会社iettyは、「卒業大学別引っ越しニーズ調査」を実施。オンライン接客型不動産仲介「ietty」の登録状況から、今回は早稲田大学・慶應義塾大学卒業生にスポットを当て、住みたい駅・希望条件・家賃などを分析している。
恵比寿が分岐点
同調査は、首都圏での引っ越しを希望する20代から40代の早慶2校の出身者・男女410名を対象に行っている。

それによると、早稲田OBの住みたい駅は1位が恵比寿(8.0%)、2位が新宿(7.2%)、3位早稲田/高田馬場(6.8%)の順。慶応OBの1位は恵比寿(15.0%)、2位田町/三田(8.1%)、3位中目黒(8.1%)となっている。

いずれも母校の近くを選んでいるが、分布をみると両校同率1位の「恵比寿」を堺にして、早稲田OBは新宿区・北区エリア、慶応OBは港区・南西エリアに分かれる。

それぞれのこだわり
また希望条件は、早稲田OBは静かに暮らしたいなどエリアにこだわりがある。一方慶応OBはデザイナーズ・タワーマンションや高層階など、建物のクオリティにこだわりを持っているようだ。

家賃帯については、平均家賃は早稲田OBが10.5万円、慶応OBが11.4万円。6万円以下が早稲田OBに多く、20万円を超えると慶応OBが早稲田OBの7倍以上の差をつけている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社iettyのプレスリリース
http://ietty.co.jp/pdf/press/160323.pdf