メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

いざという時も安心!民泊物件の賠償責任補償サービスが提供開始

投稿日時:2016-06-30 21:00:00

民泊物件でのトラブル 一般の損害責任保険と同等の補償
国内最大級の民泊物件ポータルサイト「民泊物件.com」を運営する株式会社スペースエージェントは6月27日、国内唯一の民泊補償となる「民泊専用賠償責任補償」(以下、同サービス)の提供を開始したと発表した。

外国人観光客数が増加傾向にある中、民泊物件は増加傾向にあるが、民泊物件の特徴は、一般の住宅を活用し、なおかつ不特定多数の人が宿泊することだ。そのような状況から、民泊物件は、住宅としては扱われず、また、民泊物件において火災が発生した場合、一般住宅火災保険による補償は適用されない。

同サービスは、民泊物件におけるトラブルを補償する内容となっている。なお、同サービスは、保険契約ではないものの、一般の損害責任保険と同等の補償が受けられる仕組みだ。

貸主・宿泊者、両者による賠償責任を補償
同サービスの特長は、宿泊者が起こした事故の損害を補償することだ。民泊の宿泊者が火災や水漏れ事故を起こした場合、また、事業主の過失が原因で宿泊者にケガをさせてしまった場合などに賠償責任が補償される。

また、会員向けの補償制度の一環として、クレーム対応相談室も利用することができる。

会費は年間1万3900円。そのほか事務手数料が別途年間3240円(税込)かかる。1日あたり38円で、民泊物件の補償が受けられる形だ。なお、補償の引受先は、韓国最大手自動車メーカーグループの現代海上火災保険会社となる。

そのほか、同サービスの詳細については、下記外部リンク「民泊補償.com 民泊専用賠償責任補償」を確認のこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社スペースエージェント プレスリリース(PR TIMES)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000017848.html

民泊補償.com 民泊専用賠償責任補償
https://business.minpaku-bukken.com/compensation