メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

「全国住宅・マンション供給調査 2017年版」の調査結果が発表

投稿日時:2016-07-30 00:00:00

住宅ローン控除の強化が、住宅着工を後押しか
不動産経済研究所と市場経済研究所は7月27日、「全国住宅・マンション供給調査 2017年版」(以下、同調査)の調査結果を発表した。

同調査は、全国の戸建・マンションの主要企業を対象に、4月下旬から5月下旬にかけて、2015年度の建築実績と2016年度の販売計画についてのアンケートを実施したものだ。有効回答数は、戸建関連が201社、マンション関連が116社。

アパートを含む戸建の供給戸数は、2015年度は前年比1.8%減で34万1068戸となった。施工費のアップが減少の要因とみられている。また、2015年度の全国供給戸数が最も多かった企業は、大東建託で6万2777戸となった。以下、大和ハウス工業、積水ハウスと続く。

戸建関連企業の意識調査に関する結果をみてみると、住宅着工の活性化に効果がある施策で最も多かった回答は「住宅ローン控除の強化」となった。また、今後重視される住宅は、「省エネ住宅」と「耐震性能住宅」が同率でトップとなった。節約傾向のみならず、熊本地震によって耐震性も重視された形だ。

マンション価格高止まりから、需要は伸び悩みか
有効回答116社の2015年度におけるマンションの全国供給戸数は7万783戸で、前年比2.6%の減少となった。ランキング上位10社を合計したマンションの供給戸数は3万3322戸で、前年比微増となった。なお、全体に占める供給シェアは47.1%に達した。

マンションの供給戸数が最も多かったのは、野村不動産で5363戸、以下、住友不動産、三井不動産レジデンシャルと続く。

不動産経済研究所と市場経済研究所によると、マンション価格の高騰は一服感が出ているものの、価格の高止まりはしばらく続くとみられていることから、マンション需要は伸び悩むとの見解を示している。


▼外部リンク

不動産経済研究所(プレスリリース)
http://www.fudousankeizai.co.jp/share/mansion