メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

天然素材の家「無添加住宅」 累計2500棟達成!

投稿日時:2016-08-25 12:00:00

昔ながらの家づくりをベースに、天然素材を使用
厳選された天然素材をベースとした建築資材の開発・製造を行う株式会社無添加住宅は8月23日、設立15年で累計2500棟を達成したと発表した。

同社がプロデュースする天然素材の家、「無添加住宅」は、昔ながらの家づくりをベースとして、天然素材で構成されている。また、天然素材を使用するにあたっては、数ある建材より厳選したうえで、無添加住宅を建築している。

空気環境の良さは、愛媛大学のお墨付き
無添加住宅で使用される資材、建材の一例をあげると、屋根材に「天然石」、内壁や外壁、天井には「しっくい」、断熱材には「炭化コルク」を使用している。

天然石は、耐候・耐久性に優れているうえに美しい仕上がりとなるほか、しっくいを使用することで空気を清浄する効果が期待される。さらに、炭化コルクは、調湿・防振・吸音・防火・防腐の効果が見られることから、万能な建材であると言える。

そのほか、接着剤として「米のり」、塗料として「柿渋」や植物性オイルが使用されている。

さらに、無添加住宅の室内における空気環境の良さは、愛媛大学と同社が共同で実施した空気測定の検証でデータにおいても証明されている。無添加住宅は、全国ネットワークが形成されており、全国の総合展示場において見学することが可能となっている。


▼外部リンク

株式会社無添加住宅 プレスリリース(atpress)
https://www.atpress.ne.jp/news/110130

無添加住宅
http://www.mutenkahouse.jp/