メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

2016年のノミネート作品が決定!

投稿日時:2016-11-23 02:00:00

2016年を代表するリノベーション事例
一般社団法人リノベーション住宅推進協議会は「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016」の授賞式および講評会を12月15日に東京大学本郷キャンパス内で開催する。

この催しは2016年を代表する魅力的なリノベーション事例を選ぶコンテストである。協議会会員各社のエントリー作品から、SNSによる一般投票で51作品が選ばれ、その中から審査員によってグランプリ、各部門最優秀作品賞、審査委員賞を決定される。

一次選考はSNSによる一般投票
このコンテストでは、リノベーションの楽しさ、魅力、可能性に焦点を当て、施工費別に「500万円未満」「800万円未満」「800万円以上」「無差別級」の4つの部門に分けている。

最終審査を行うのは協議会のプロモーション委員会委員長である島原万丈氏と、業界新聞や雑誌など、住宅系メディアの編集長を務める8人の選考委員だ。2016年を象徴するリノベーション事例が決定され、講評も行われる。

一般社団法人リノベーション住宅推進協議会は、既存住宅の流通を活性化させることと消費者が安心できる市場づくりを目的として2009年に発足した。現在は740社が参画し、優良なリノベーションの統一規格や品質基準の普及を推進している。


▼外部リンク

リノベーション・オブ・ザ・イヤー2016
http://www.renovation.or.jp/oftheyear/2016/