メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

マンション、商用ビルのエネルギー見える化を実現、NSWが「ENESMA」ラインナップを拡充

投稿日時:2014-05-11 16:00:00

相互接続性の高いHEMS環境
ITソリューションプロバイダの日本システムウエア(NSW)は5月9日、同社が2013年5月から提供を開始しているエネルギーマネジメントシステムのシリーズのサービスラインナップを拡充したと発表した。

同社は1966年創業、モバイル端末・カーエレクトロニクスなどの組込みシステム開発、LSIやボードの設計開発を手掛けている。

サービスラインナップを拡充した「ENESMA」は、これまで、特定メーカーや規格などに縛られない相互接続性の高いHEMS環境の実現をコンセプトとし、戸建て住宅向けに「ENESMA Home」として提供されていた。

同サービスは家電製品や設備機器を宅内や外出先からスマートフォンやタブレット端末を用いて制御し、電力使用量などをリアルタイムでモニタリングするHEMSソリューションであり、今回のサービスラインナップを拡充により、マンション、商用ビルにおいてもエネルギー見える化をスマートに実現する。

(画像はプレスリリースより)

スピーディーかつ柔軟にサポート
同社はサービス拡充にあたり、アダプターからコントローラーアプリ、管理サーバーまでをトータルに提供・サポートできるメニューを確立し、マルチベンダーサポートや複数の通信規格への対応を実現し、これまで以上にHEMS・MEMS・BEMSの導入をスピーディーかつ柔軟にサポートすることを可能にした。

このために同社は、「ENESMAアダプター」、「ENESMAゲートウェイ」などの製品を追加し、通信方式の異なる機器を共通のネットワークに接続しデータ収集、制御し、各種データをインターネット上のサーバーに中継することを可能にした。

さらに、情報の蓄積・見える化・分析を実施する管理サーバーおよびクラウドサービスとの連携も強化した。

なお、東京ビッグサイトで開催される「第4回スマートフォン&モバイルEXPO」(5月14日~16日)では、「ENESMA」シリーズの各種製品のデモ、ならびにダイキン工業とのサービス連携事例を紹介する。


▼外部リンク

日本システムウエア ニュース
http://www.nsw.co.jp/topics/