メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

業界最小・最軽量!3.2kWhの蓄電システムが発売へ

投稿日時:2017-03-09 20:00:00

ブロック基礎で施工可能 集合住宅でも利用できる!
セラミックス製品や情報・通信機器等を製造する京セラは3月7日、3.2kWhリチウムイオン蓄電システム(以下、同システム)を4月より発売すると発表した。

同システムは、今後の太陽光発電システムや蓄電システムの導入増を見据え、多様な設置条件に対応すべく開発された。

同システムの外形寸法は、幅53cm、奥行30cm、高さ65cmとコンパクトで、質量は約54kgだ。同システムは、業界最小・最軽量クラスで、ブロック基礎による施工が可能であることから、戸建住宅のみならず、集合住宅においても設置が可能だ。

蓄電容量を小型化 顧客の幅広いニーズに対応
また、電力変換効率は高効率の95.5%で、充電時と放電時の電力損失が軽減される。それにより、太陽光による電力が有効活用される。

さらに、蓄電容量は3.2kWhで、従来品の7.2kWh、12kWhタイプと比較すると蓄電容量は小型化したことから、価格の引き下げが実現し、経済的な負担が軽減される。希望小売価格は150万円(税抜)。

京セラは、同システムを新たに発売することで、顧客の幅広いニーズに対応していきたいとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

京セラ(プレスリリース)
http://www.kyocera.co.jp/news/2017/0301_rrch.html