メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

積水ハウス&日本郵便共同建設の分譲マンション、1月販売開始

投稿日時:2013-11-12 09:00:00

メルパルク福岡の跡地
積水ハウス株式会社は、日本郵便株式会社と共同でメルパルク福岡の跡地約6,250平米に分譲マンションを建設する。そして、第1期分譲を2014年1月中旬に開始する予定であると発表した。

(画像はニュースリリースより)

高級住宅地に建つマンション
本物件は福岡地下鉄七隈線「薬院大通」駅から徒歩6分の距離に位置し、福岡の中心「天神」に近く、生活するのにとても便利な場所である。総戸数129戸、地上13階建てという都心部にしては珍しい大型マンションになる。そんな都心部にある大型マンションにもかかわらず、全住戸に対し自走式の駐車場が100%確保される。

また、全129戸に対し、2~3戸に1基のエレベーターが配置されるのでプライベート感の高い住戸構成となる。間取りも全30タイプ用意されたので入居者のライフスタイルに合う間取りが必ず見つかるだろう。

浄水ガーデンシティ構想
積水ハウスは本物件に隣接する九電記念体育館と九州エネルギー館の敷地を取得し、本物件敷地を合わせて全体で約37,000平方メートルの敷地を取得する。そして、マンションを軸とした開発を計画しており、この大規模開発プロジェクトを「浄水ガーデンシティ」と名付けた。

このエリアの最南部に位置する本物件は「グランドメゾン浄水プロジェクト(仮称)」と名付けられ、「浄水ガーデンシティ」の第1弾プロジェクトとなる。


▼外部リンク

積水ハウス株式会社と日本郵便株式会社の共同リリース
http://www.sekisuihouse.co.jp/company/topics/