メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

民泊に向けた借り上げサービス開始、空室問題解決を目指す

投稿日時:2017-04-26 02:00:00

空室を旅行者の宿泊施設へ
エーエルジー不動産株式会社は、大阪市内で物件オーナーや不動産管理会社が保有・運営する不動産で、条件に合う空き物件があれば旅行者の宿泊施設として借り上げるサービスを開始したと4月24日に発表した。

エーエルジーとアヴァンスが連携
エーエルジー不動産が旅行客の宿泊施設として空室を借り上げすることにより、マンションやアパートが抱える空室問題の解決につなげる狙いだ。

借り上げ後の宿泊施設運営はアヴァンス行政書士法人が全件大阪市の許可を取得し、エーエルジー不動産が宿泊施設としての運営を行う。

民泊経営のサポートも
また、自分で民泊経営をしてみたいというオーナーに対してのコンサルティングサービスも開始した。持っている物件の宿泊施設許可が取得できるかの調査や、初期投資額の算定を含めた収益シミュレーションの提示も行う。

その上で、手続きを希望する場合には宿泊施設許可申請手続きから、必要な工事手配や許可後の運営管理までワンストップでサポートを行う。

サービス提供の背景
金融機関の積極的な融資により、近年新築マンションの建設ラッシュが続いている。そのため、大阪市内でもマンションアパートが供給過剰になりつつあり、新築でも空室がある、賃料相場が上がらないといった問題が発生しているのだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

空き物件の借り上げサービス提供開始(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000023670.html