メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

最も高額な「マンションブランド」は?トップ10発表

投稿日時:2017-06-16 05:00:00

マンションマーケットまとめ
株式会社マンションマーケットは2017年6月13日、「マンションマーケット」のデータから東京23区の「高額マンションブランドランキング」のトップ10を発表している。
高額マンションブランドはどれ
調査は東京23区の同社サイト掲載の中古分譲マンションを、高額順にランキングしたもの。

1位は三井不動産の「パークコート」シリーズで平均平米単価は1,149,050円。「本格邸宅」をコンセプトとした都市型ハイグレードマンションシリーズだ。

三井不動産は多くのブランドを展開しており、このほかにも3位に「パークリュクス」、5位に「パークマンション」と、トップ10内で最多の3ブランドがランクインしている。

人気ブランドシリーズが2位
2位、野村不動産ブランドの「プラウドタワー」は平均平米単価1,114,775円。2003年施工とブランドとしては比較的新しいが、知名度は高く人気だ。

ランクインしたのはタワーマンションシリーズだが、低層型のマンションもあり、幅広いニーズに応えるブランド。

4位はオープンハウスデベロップメントの「オープンレジデンシア」、6位は近鉄不動産の「ローレルアイ」、7位はパナホームの「パークナード」ブランド。

8位サンウッドの「サンウッド」、9位が東急不動産の「ブランズ」、そして10位が大和ハウス工業の「プレミスト」となった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

マンションマーケットのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000014183.html