メールアドレス パスワード
>パスワードを忘れた方はこちら
無料メンバー登録

住宅ローンの夫婦連帯債務、同性パートナーも対象に-琉球銀行

投稿日時:2017-08-08 20:00:00

パートナーシップ登録したLGBTも対象に
琉球銀行は8月1日から、住宅ローン夫婦連帯債務制度が利用できる範囲を拡大し、同性パートナーも対象とする。

同性パートナーとは、市町村にてパートナーシップ登録した戸籍上性別が同一の夫婦をいう。

現在、沖縄県内の市町村のうちパートナーシップ登録を行えるのは那覇市に限定されているが、県内の多くの企業が性の多様性(LGBT)に関する支援や取り組みを進めており、今後はLGBTを支援する公的機関も増えると予想される。

そこで琉球銀行では、多様化する共同生活形態や性のアイデンティティに対し、差別や偏見をなくして認め合い、新たな発想や価値観を尊重したいとの考えから、住宅ローン夫婦連帯債務制度で、同性パートナーも対象とすることを決定した。

同性パートナーも対象となる商品
取り扱い開始日は8月1日で、住宅ローンを新規に契約する人が対象となる。

取り扱い対象となる商品は、以下の通り
金利選択型住宅ローン、預金連動型住宅ローン(キャッシュバックローン)、住宅取得応援ローン 住まいるくん、エコハウス住宅ローン、セカンドステージローン
(プレスリリースより)


(画像は、琉球銀行のホームページより)


▼外部リンク

株式会社琉球銀行のプレスリリース
http://www.ryugin.co.jp/news/9130.html