【速報】2022年末中古マンション市場|東京都23区全てで2001年以降築の価格が依然として高騰継続

マンションナビを運営するマンションリサーチ株式会社は、2022年の東京23区の中古マンション価格を「1981年以前築」「1982年〜2000年築」「2001年以降築」の3つに区分して調査2017年~2022年11月までの価格を各区で比較しました。

東京都23区では、ここ数年、中古マンション価格が高騰基調にありますが、2022年年度末はその傾向がより顕著となりました。とくに、2001年以降築の中古マンションは東京都23区全域で価格が高騰。一方で、2000年以前築の築年帯マンション価格は一旦の落ち着きがみられ始めています。

目次

2022年末東京都23区【2001年以降築の中古マンション】価格推移

東京都23区2001年以降築平均売却坪単価
マンションリサーチ調べ

上記グラフは、東京都23区2001年以降築中古マンション2017年~2022年年度末売却坪単価推移を表しています。そして下記は、前年比増減率を加えた表です。

東京都23区/2001年以降築平均売却坪単価
マンションリサーチ調べ

2022年末は東京都23区全域で前年比プラスに

グラフを見ると、全体的に概ね右肩上がり。つまり、2017年~2022年末にかけて中古マンション価格の高騰基調は継続していることがわかります。また、2022年度末においても全域において価格の高騰がみられました。

コロナ禍で高騰基調はさらに加速

国内で新型コロナウイルス蔓延が始まった2020年に注目してみると、2021年、2022年と全体の前年度平均で10%以上価格が高騰していることが分かります。それ以前も高騰していたものの、高騰率は3%前後といったところ。コロナ以前にも価格は高騰基調にあったと見て取れますが、コロナ禍でその動きが加速しているようです。

2022年末東京都23区【1981年以前築の中古マンション】価格推移

東京都23区1981年以前築平均売却坪単価
マンションリサーチ調べ

上記グラフは、東京都23区1981年以前築中古マンション2017年~2022年末成約売却坪単価推移を表しています。そして下記は、前年比増減率を加えた表です。

東京都23区/1981年以前築平均売却坪単価
マンションリサーチ調べ

2022年末は東京都23区中22区で前年比プラスに

グラフを見てみると全体的に概ね右肩上がりで、2001年以降築程ではないものの2022年は全体平均が前年比が約8%高騰しています。つまり、2017年~2022年末にかけて中古マンション価格の高騰基調が継続していることがわかります。また、2021年、2022年ともに東京都23区中22区おいて価格の高騰がみられました。

初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。

2022年末東京都23区【1982年~2000年築の中古マンション】価格推移

東京都23区1982年〜2000年築平均売却坪単価
マンションリサーチ調べ
東京都23区/1982年〜2000年築平均売却坪単価
マンションリサーチ調べ

続いては、新耐震基準の中でも築20年以上の中古マンションの価格推移を見てみましょう。

2022年末は東京都23区全域で前年比プラスに

グラフを見てみると、2001年以降築と同様全体的に右肩上がりであり、本築年帯も2017年~2022年末にかけて、中古マンション価格の高騰基調は継続していることがわかります。全体平均も前年比9.7%と1割弱の高騰。2022年度末においても全域において価格の高騰がみられました。

2022年東京都23区中古マンション【築年帯別・月別】価格推移

築年帯別・月別価格推移
マンションリサーチ調べ

上記グラフは、青い折れ線が2022年各月の築年帯別の坪単価の推移、赤い折れ線がその平均値を示しています。

「1981年以前築」および「1982年~2000年築」の中古マンションは平均値を中心に横ばいに近い動きをしているのに対し、2001年以降築の中古マンションは依然として高騰し続けています。

従って、東京都23区の価格高騰主要要因は2001年以降築の価格高騰にあり、依然として収まる様子は見られません。

2022年 東京都23区中古マンション価格推移まとめ

2022年も、東京都23区の全築年帯の中古マンションに高騰基調が見られました。高騰率は築年数が浅いマンションほど大きい傾向にあります。

また、2001年築以降の中古マンションは2022年後半も高騰基調が続いていますが、2000年築以前のマンションはほぼ横ばいで推移。ここにも、築年帯による差が見られました。

さらに、2022年はほぼ全てのエリア・築年帯のマンションに高騰が見られたものの、同じエリアの中でも築年帯によって高騰率の差が見られます。住宅ローン金利の上昇や世界経済の混乱も予測される、2023年。マンションリサーチは引き続き、中古マンションの売買を検討している方や不動産関連会社に向け、独自データを基にした最新の相場情報をお伝えしてまいります。

今ならいくらで売れる?
初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。
初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。
すみかうるの記事をシェアする

この記事を書いた人

福嶋 真司のアバター 福嶋 真司 マンションリサーチ株式会社 既存顧客・PRチーム部長

早稲田大学理工学部経営システム工学科卒。大手不動産会社にてマーケティング調査を担当。現在はマンションリサーチ株式会社にて中古マンション市場調査を行い、顧客に情報の提供を行っている。

目次