コンパクトマンションは管理費が高い?データを分析

【こんな売却のお悩みありませんか?】
  • 売れる価格を知ってから活動したい
  • なにから始めればいいかわからない
  • 直接、不動産会社には行きづらい

<全国対応!無料でご利用いただけます>

ここでは、マンションリサーチ社が所有する東京23区のコンパクトマンションのデータを使って、管理費修繕費のTOP50を紹介していきます。コンパクトマンションの特徴もわかる内容となっていますので、参考にしてみてください。

目次

コンパクトマンションの管理費修繕費を分析する

コンパクトマンションの管理費修繕費を分析する

以前のコラムでは、低層マンションとタワーマンションの管理費用の比較を行いました。

今回は、マンションリサーチ社が保有するマンション管理費のデータに基づき、コンパクトマンションの管理費修繕費のTOP50について分析したいと思います。ここでいう、コンパクトマンションとは、40㎡以下のマンションを指しています。また、データは、東京23区にあるマンションに限っています。(データ収集時点 6月1日)

・コンパクトマンションとは、40㎡以下のマンションのこと。

コンパクトマンションの概要

コンパクトマンションとは

平均的な規模のマンションの管理費は、概ね10,000~15,000円前後、修繕積立金は8,000~12,000円前後ですが、コンパクトマンションの上位はどんな感じでしょうか。

コンパクトパンションは、40㎡を区切りとしていますが、たいていは25㎡前後のワンルームマンションです。ワンルームマンション(1R)、1DKくらいまでのサイズが40㎡で、1LDK,2DKくらいになると40㎡を超える、いわゆるDINKSタイプと呼ばれるカテゴリーになります。

また、東京23区におけるコンパクトマンションは、たいてい投資用マンションで、所有者が住む例は少なく、概ね賃借人が住んでいます。ワンルームマンションは、いまでもどんどん建設されており、昨今その投資熱は、過熱する一方になっています。ワンルームマンションが増えていますが、同時に若年層の東京都内への人口流入も増えていますので、需給バランスがとれており、空室はかなり少ないようです。

管理費や修繕費の位置づけ

一般の実需用マンション(持ち主が住むマンション)の場合は、購入時に返済計画を立てます。その際、ローン支払い+マンション管理費+修繕積立金 の合計金額が年収と照らし合わせて、払える金額かどうかを検討します。
一方、コンパクトマンション等の投資用マンションの場合、マンション管理費や修繕積立金は、いわば必要経費ですので、それら(他にもPM費用、固定資産税、等)を引いた金額が本当の収入(NET operating income)となり、これがいくらかを検討することになります。つまり、こうした管理費などの経費は安ければ安いほどいい、ということになります。

・コンパクトパンションは40㎡を区切りとしてるが、たいていは25㎡前後のワンルームマンションが多い。
・コンパクトマンション等の投資用マンションの場合、マンション管理費や修繕積立金が必要となる。

初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。

コンパクトマンション管理費単価TOP50

コンパクトマンション管理費単価TOP50

ここまで、コンパクトマンションにおける管理費用について述べてきました。
それでは、ここからはデータを見て参りましょう。
図1はコンパクトマンション管理費単価ベスト50です。(ここでいう、単価とは管理費用÷平米数です。)

(図1)コンパクトマンション管理費単価TOP50

最も高いのは、1965年に建てられた原宿マンションで、管理費単価は2,081円、コンパクトマンションの一般的な広さの25㎡に換算すると52,025円と、きわめて高額になっています。上位12マンションで管理費単価が1,000円を超えています。タワーマンションの管理費単価の最高額が606円でベスト10~12当たりでは460円台ということを考えると、2.5倍程度になっています。

コンパクトマンション、低層マンション、タワーマンションそれぞれの管理費単価TOP50位(もしくは51位)の平均は、断トツに高いのがコンパクトマンションの927円、次いで低層マンションの680円、最も低いのがタワーマンションの399円となっています。

コンパクトマンションのまとめ

コンパクトマンションのまとめ
コンパクトマンションの基本
  • コンパクトマンションとは、40㎡以下のマンションのこと。
  • コンパクトパンションは40㎡を区切りとしてるが、たいていは25㎡前後のワンルームマンションが多い。
  • コンパクトマンション等の投資用マンションの場合、マンション管理費や修繕積立金が必要となる。

コンパクトマンションは、専有部面積と共用部面積の割合がタワーマンション等に比べて均衡している、つまりコンパクトマンション1戸あたりの共用部持ち分が大きいため、その分管理費が高くなっていると考えられます。

今ならいくらで売れる?
初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。
初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。
すみかうるの記事をシェアする

この記事を書いた人

2022年3月に、すみかうる(旧:マンションナビマガジン)に名前が変わりました!日々すみかうるの企画・編集・運営を行っています。今後さらに記事の数・内容をパワーアップさせ、どこよりも充実した情報を届けていきたいと考えていますので、お楽しみに!

目次