中古マンションの選び方のポイントは「不動産会社」「築年数」「将来性」

【こんな売却のお悩みありませんか?】
  • 売れる価格を知ってから活動したい
  • なにから始めればいいかわからない
  • 直接、不動産会社には行きづらい

<全国対応!無料でご利用いただけます>

「そろそろ中古マンションの購入を…」と思っていても、どのような条件で物件を選べば良いかわからないという方も多いのではないでしょうか?

人生でもっとも高額なお買い物となる中古マンション。「予算」は必ず決めるべきですが、それだけで中古マンションを選ぶと「快適性」や「マンションの資産価値」を二の次にしてしまいます。

中古マンションの選び方で重要なのは、次の3つのポイントです。

中古マンションの選び方
  1. 不動産会社や営業担当者
  2. 築年数
  3. 将来を見据えたマンション選び

この記事では、中古マンション購入で後悔しないためのポイントをわかりやすくお伝えしていきます。

目次

中古マンションの選び方①不動産会社や営業担当者の見極めをしっかりと!

中古マンションの選び方の第1のポイントが、不動産会社や営業担当者をしっかりと見極めておくことです。

「営業担当者に希望を伝えたのに住んでみたら説明と違っていた」など、業者への不満がそのまま中古マンション購入の不満につながることもあります。自分の希望通りの中古マンションを選ぶためには、まずは不動産会社や営業担当者を選ぶことが重要です。

不動産会社の選び方

中古マンションを購入する場合には、マンションの売買を得意とした不動産会社に依頼するのが絶対条件となります。それは、マンション物件を多く取り扱っている不動産会社であれば、未公開物件や新規物件をいち早く紹介してもらえる可能性が高いといえるからです。

では「マンションの売買が得意」というのはどこで判断するのかというと、不動産会社のチラシや店頭掲載物件。広告活動している物件が主にマンションであれば、マンションを多く取り扱っている不動産会社だと判断できます。

また、不動産会社には専門とするエリアがあります。専門エリアでは取り扱う物件数も多くなりますので、住みたいエリアの不動産会社から絞りこんでいくのがコツです。

中古マンションを購入する際には、購入後も不動産会社との付き合いが長くなります。やりとりの中で少しでも疑問やしこりが残るような不動産会社では、購入後に不満を抱えながら暮らしていくことにもなります。不明点はすぐに質問し、その都度、解消することを心がけましょう。

営業担当者の選び方

中古マンション購入の際には、原則として一人の営業担当者が内見から契約、アフターフォローまでを対応してくれます。そのため信頼できる営業担当者と出会えるかどうかが、中古マンション購入の満足度に影響すると言っても過言ではありません。

中古マンションの選び方②築年数

中古マンションの選び方として、築年数も重要な選択のポイントとなってきます。

中古マンションといっても、できるだけ築年数の浅い物件を選びたいのが本音でしょう。しかし、築年数が古いというだけで選択肢から外すのはもったいないものです。築年数の許容範囲を広げれば、中古マンションの選択肢はグッと広がります。

築年数の古い中古マンションでも、選び方のコツさえ押さえておけば満足できる物件選びができますよ。

築年数の古い中古マンションは管理状況をチェック

築古物件は、とくに管理状況や部屋の劣化状況を確認するようにしてください。

築年数20年~30年を超える中古マンションでは、マンション全体の修繕が必要になった場合、入居者が修繕費を負担しなければならないケースがあります。また据え付けの設備が老朽化している場合などは買い替えが必要となり、マンションの購入費以外にも費用の負担が大きくなってしまいますので注意が必要です。

・長期修繕計画がしっかりしているか
・大規模修繕のための費用が積み立てられているか
・共用部の清掃状況はどうか
・ゴミ置き場や自転車置き場、駐車場などのマナーや状況

さらにこのあたりも、目視と担当者への確認を怠らないようにしましょう。

「築古物件+リノベーション」という選択肢

築古物件は、「リノベーション」を前提として購入するのも賢い中古マンションの選び方です。

リノベーションは、古くなった住宅を修繕する「リフォーム」とは違い比較的大規模な改修です。たとえば、家族構成などによって思い切って間取りを変更するなど、自由度の高い改修が可能な点もリノベーションのメリットです。

築年数の古い中古マンションは、住宅取得の費用を抑えられます。そのためリノベーションを前提として購入しても、新築マンションや築浅マンションを購入するより最終的な費用を安く抑えることも可能。リノベーションで中古マンションに付加価値を付けることで、将来的に売却・賃貸を考える際にも有利になるケースもあります。

初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。

中古マンションの選び方③将来を見据えたマンション選びを

中古マンションの選び方で重要となるのは、ライフスタイルに合わせて将来を見据えた物件選びをすることです。

賃貸とは違い簡単に引っ越しできない中古マンションは、子どもができたときや大きくなったときなどの将来設計を考えて選ぶことが重要です。夫婦二人では最高の条件でも、子どもができたら色々な不満が出てしまったというケースも少なくありません。

さらに、将来マンションから転居するときのことも視野にいれたいところ。実際に住んでから後悔しないように、中古マンション購入の機会に、自分のライフプランもしっかりと煮詰めておきましょう。

実際に住んでから気づくのでは遅い!

中古マンションを購入する際には、10年後、20年後のライフスタイルをよく考えて選ばなければなりません。

家族が増えると間取りや収納スペースが不足してしまい、物件に不満を抱えてしまうことがあります。また、近所に保育園や幼稚園、子どもを遊ばせる公園がないなどの問題は住んでから気づくのでは遅いですよね。

また見落としがちなのが、隣人の状況。マンションは上下左右のお宅と壁や床が接していますから、音に敏感な方が住んでいると隣人トラブルに発展しかねません。中古マンション購入前には、前居住者や管理組合にクレームの有無やトラブル歴などを聞いておくべきです。

お子さんが小さかったり、これから子どもが欲しいと考えていたりする世帯は、「ファミリー世帯が多く住むマンション」を条件に選ぶのもいいでしょう。周りがみんなファミリー世帯ですから、「お互いさま」と騒音トラブルも起きにくく、同世代の子ども同士、親同士のつながりを持つこともできます。

人気エリアなら賃貸や売却で収益化も

中古マンションの選び方としての最後のポイントは、マンションの資産価値を意識すること。将来的に戸建てや別の地域に転居する可能性を考えて、長期的に価値が落ちにくいマンションを選んでおきたいものです。

資産価値が保てる決め手となるのは、やはり立地条件です。

・急行停車駅
・駅から徒歩圏内
・住みたい街ランキング常連のようなエリア

このような条件にあるマンションは、資産価値の低下率が低い傾向にあります。

人気エリアで中古マンションを購入すれば、ライフプランの変化で引っ越しをした場合にも賃貸や売却で収益化することも可能です。

老後資金不足問題や相続税対策などにより、近年では中古マンション投資も隆盛を極めています。自分が快適に過ごせる物件を選ぶというのが第一条件ではありますが、投資としての将来性を考えるのもワンランク上の中古マンションの選び方だといえます。

まとめ

中古マンション購入では、3つの選び方のポイントを押さえておきましょう。

まとめ
  • 不動産会社・営業担当者を見極める
  • 築年数の許容範囲を広げてみる
  • 将来設計をよく考えておく

中古マンションを購入する際には、予算やエリア・間取りも確かに大切な選択基準です。しかし、何十年と暮らす物件を選択するうえでは、住んでからのことを重視して選択するのが満足度の向上につながります。

自分の希望どおりの中古マンションを妥協せずに選ぶためには、信頼できる不動産会社・営業担当者との出会いも重要です。

今ならいくらで売れる?
初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。
初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。
すみかうるの記事をシェアする

この記事を書いた人

亀梨奈美のアバター 亀梨奈美 不動産ジャーナリスト/株式会社realwave代表取締役

大手不動産会社退社後、不動産ライターとして独立。
2020年11月 株式会社real wave 設立。
不動産会社在籍時代は、都心部の支店を中心に契約書や各書面のチェック、監査業務に従事。プライベートでも複数の不動産売買歴あり。
不動産業界に携わって10年以上の経験を活かし、「わかりにくい不動産のことを初心者にもわかりやすく」をモットーに各メディアにて不動産記事を多数執筆。

目次