不動産投資の勉強方法一覧を解説!注意点や開始までのロードマップも解説!

こんなお悩みありませんか?

マンションを売ろうかなと思っているけど、何から始めたら良いか分からない...

不動産会社をまわるのは面倒...

Webから最短45秒で申し込み!
比較することで納得売却に繋がります。

不動産投資に挑む準備は整っていますか? 不動産の世界は無限の可能性が広がっていますが、初めてのスタートは戸惑いや不安がつきものです。

今回の記事では、ステップバイステップの勉強方法を紹介します。書籍やYouTubeでの学習から、現地での物件見学まで、幅広い方法を網羅。また、注意すべきポイントや、投資を始める具体的なロードマップも紹介します。不動産投資に関する知識を習得し、失敗を回避しましょう。

目次

不動産投資の勉強方法一覧

不動産投資の学び方は多岐にわたります。Webサイト、書籍、セミナーなど、各方法のメリットやデメリットを把握し、自身に適したアプローチを見つけましょう。また、これらを上手く組み合わせることで、幅広い知識を効率的に獲得できます。

①不動産投資の基礎を書籍やYouTubeで学ぶ

不動産投資の第一歩は基本知識の獲得です。書籍やYouTubeチャンネルは、その手助けとして最適と言えるでしょう。

書籍は体系的な知識を提供YouTubeはビジュアルで学びやすさを与えてくれます。書籍を読む際には、評価の高い著者や専門家によるものを選びましょう。YouTubeも、信頼性のあるチャンネルやプレゼンターをフォローすることが重要です。どちらも、自分のペースで学びたいときにアクセスできる利点があります。基礎知識を着実に身につけ、次のステップに進むための土台を築きましょう。

②実際に賃貸事業を行っているオーナーブログを読み漁る

不動産投資の理論を学んだら、次は実際の経験から学ぶことが重要です。そのために、不動産投資を行っているオーナーのブログを積極的に読みましょう。オーナーブログは、実際に物件を所有し運営する人々実践的な知識や洞察を得る絶好の方法です。これらのブログは、日々の課題や成功体験、失敗から得た教訓などを共有しており、学びが豊富。

ほかにも、オーナーが直面した問題に対する対処法や運営のコツ、地域ごとの市場動向など、さまざまな情報が詰まっています。また、ブログのコメント欄やコミュニティに参加すれば、質問やアドバイスのやり取りも可能です。ただし、情報の信頼性には注意し、自分の投資戦略に合ったアドバイスを選ぶことが大切。複数の情報源を比較することもおすすめです。

③実際に物件を選定しシミュレーションや物件見学をする

初めての不動産投資において、物件選定は鍵となります。実際の物件を見ることで、理論だけでは得られない価値ある情報を手に入れられます。物件の立地や間取り、使い勝手など、目で確認することでリアルな印象を受けるでしょう。騒音や環境の問題も実地で発見しやすく、計画通りに物件が機能しているかを確認できます。

物件見学の際には、建物だけでなく、入居者や周囲環境も注意深く観察しましょう。住人のタイプや建物全体の状態が将来の家賃や入居率に影響を与えることがあります。また、買い物や生活に必要な施設が近くに揃っているかも確認。日常の利便性が備わっているかを確かめることが購入後の成功につながります。

④不動産投資のセミナーに参加する

不動産投資の実践的なステップに進む際におすすめなのが、不動産投資のセミナーに参加することです。本やインターネットでの学習とは異なり、セミナーでは実際の専門家や成功した投資家から学ぶことができます。セミナー参加のメリットは多岐にわたります。

まず、リアルタイムで変動する不動産市場情報を把握できること専門家の最新の知識や情報を得ることで、より正確な判断が可能となります。さらに、セミナーはテーマや対象者に合わせて多様な選択肢があります。初心者向けから上級者向け、特定の収入層を対象としたものまで幅広いセミナーが開催されています。自分に合ったセミナーを選び、専門家の指導を受けましょう。

セミナーでは、質問や相談ができる場が提供されることも一般的です。専門家に直接疑問点を解決してもらうことができ、理解が深まります。また、他の参加者との交流を通じて新たな情報やノウハウを得る機会もあるでしょう。

⑤宅地建物取引主任者の資格を取る

不動産投資には必須の資格は存在しませんが、専門知識は成功への道を開き、リスクを軽減するのに役立ちます。不動産投資に役立つ資格の一つが「宅地建物取引士」です。不動産の専門用語や違法性の判断、契約書や重要事項説明書の理解などが向上し、不動産業者からの信頼度も高まります。

将来的に不動産投資を主要な収入源とする計画がある場合にも有益。資格取得には一定の難易度がありますが、不動産投資に興味がある方にとって挑戦する価値があります。ただし、資格取得を主要目的とせず、幅広い知識を獲得することを優先しましょう。

不動産投資の勉強をする際の注意点

不動産投資に興味を持つ多くの方々にとって、知識の習得は成功への第一歩です。しかし、ただやみくもに知識を詰め込むだけでは、効率が悪く、不安を感じることもあるでしょう。失敗や挫折を避け、効果的な不動産投資を行うためには、計画的な勉強が不可欠です。

①勉強の順序を重視しましょう

不動産投資の勉強を始める際、最初にどのようなステップを踏むべきかを考えることが重要です。無計画な勉強は時間の浪費につながります。大まかな勉強の流れを理解し、計画的に進めましょう。勉強計画を立て、日々の学習に焦点を当てることが成功への第一歩です。

②具体的な目標を設定

不動産投資を学ぶ過程で、明確な目標を設定しましょう。目標があることで、効率的に学習を進めるモチベーションが保たれます。たとえば、「1ヶ月で不動産知識の基本を習得する」という目標を設定すれば、逆算して学習計画を立てられます。

③情報源を多様化

 不動産投資の知識を習得するために、単一の情報源に依存せず、幅広い情報源から学びましょう。書籍、セミナー、経験豊富な投資家との対話など、多くの情報源を活用することが大切です。異なる視点からの情報を取り入れることで、より豊かな知識を得ることができます。

④インターネットでの情報に注意

インターネット上には不動産投資に関する情報が豊富にありますが、その中には信頼性の低い情報も含まれています。情報を鵜呑みにせず、信頼性の高いサイトや複数の記事を比較検討しましょう。確かな情報を集めることは、成功への近道です。

⑤継続的な学習

不動産投資の勉強は一朝一夕で終わるものではありません。また、不動産市場は絶えず変化しています。投資の成功を維持するためには、継続的な学習が不可欠です。市場動向や新しいトレンドに敏感になり、情報をアップデートしましょう。

300万円以上差がつくことも!?
査定は比較することが重要!

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。

不動産投資の勉強後から開始までのロードマップ

不動産投資への興味を持ち、知識を身につけたら、次は実際に不動産投資を始めるためのステップに進む時がきます。ここからは、不動産投資を始めるための具体的な手順を解説します。成功への近道となるよう、着実に進めていきましょう。

STEP
不動産投資のビジネスモデルを理解する

不動産投資とは、アパートやマンションなどの収益物件を取得または建設し、これを第三者に賃貸することで利益を上げる投資の形態を指します。また、物理的な不動産だけでなく、直接不動産に投資せずに金融商品などを通じて不動産市場に参加する「J-REIT」なども、不動産投資の一環として考えられます。

不動産投資から得られる収入には、以下の2種類があります。

・インカムゲイン(家賃収入)

物件を賃貸に出すことによって毎月の家賃を受け取る収益です。この収入は安定しており、生活費やローンの返済に使えます。

・キャピタルゲイン(売却益)

不動産の価値が上昇した場合に、売却時に利益を得ることができる収益です。物件の価値が上がることで、資産価値が増加します。

不動産投資における利回りとは、物件価格に対する家賃収入額の割合のことを指し、収益物件を選ぶ際に重要な指標となります。

・表面利回り

年間の家賃収入を物件価格で割った値です。簡易的な利回りの計算方法であり、初心者向けです。

・実質利回り

維持費や管理費、税金などの経費を考慮に入れた利回りです。より現実的な収益性を評価できます。

不動産投資で投資対象となる不動産の種類はさまざまです。

・現物投資

アパートやマンションなどの実際の不動産物件を購入し、収益を得る方法です。

・不動産投資信託(J-REIT)

不動産に直接投資せず、不動産関連の株式や信託受益証券を購入する方法です。

不動産投資をおこなう際はメリットだけでなく、デメリット関しても理解しておくことが重要です。

・リスクとデメリット

不動産価格の変動、テナントのトラブル、修繕費用などのリスクが存在します。また、物件が空室の場合には家賃収入が得られないなどのデメリットもあります。

マンション不動産投資の最大の魅力は、他人の資本を利用できるです。

・レバレッジの効用

銀行からの融資や他の融資オプションを活用することで、他人の資本を借りて不動産投資を行うことができます。これにより、自己資本を最小限に抑えつつ資産を拡大できるため、投資の収益を最大化できます。

不動産投資のビジネスモデルを理解し、メリットとデメリットを把握することは、投資の成功に向けて重要なステップです。

STEP
市場調査と地域選定

不動産投資で重要なのは物件の周辺環境を見ることです。成功する不動産投資家の多くは、気になる物件を見つけた際、周辺環境を詳しく調査します。可能であれば、購入したい物件まで足を運び、周辺の環境を確認しましょう。書面だけでは見えない情報から判断できることも多いからです。

最寄り駅での現地調査

駅周辺にはどのような人々が住んでいるかを確認しましょう。学生中心のエリアならワンルームマンションの需要が高いかもしれません。ファミリー向けの商業施設や、駐車場の広い場所は、ファミリー向け物件の需要が多いと言えるでしょう。

Googleストリートビューの活用

現地調査の時間が取れない場合は、Googleストリートビューを活用し、立地状況や周辺環境を確認しましょう。騒音の可能性や景観などが確認できます。

不動産投資業者からの情報

不動産投資業者からの情報も重要です。不動産投資を計画的に進めるためには、確かな情報を得ることが不可欠です。信頼性の高い不動産投資業者を選び、物件情報を収集しましょう。

STEP
資金調達と予算の設定

不動産投資には資金が必要です。ほとんどの人はローンを活用することになるでしょう。不動産投資において、資金調達と予算の設定は非常に重要です。

最新の融資情報を得る

不動産投資には融資を利用する場合が多いため、最新の融資状況を把握することが必要です。不動産会社を訪れ、以下の情報を入手しましょう。

・現在の金融機関の融資状況

・自身がどの条件で、どれくらいの借入ができるか

・金融機関が融資をする物件条件

融資に関する情報は市況や金融機関の方針によって変動するため、最新情報を得ることが重要です。

不動産会社の協力を得る

不動産会社は最新の融資情報や融資条件を把握しており、物件探しと融資の調整をサポートしてくれます。また、市場に精通しており、物件が融資対象であるかどうかも確認し、最適な金融機関を紹介してくれるでしょう。最近では、オンライン面談も可能な不動産会社も増えており、気軽に相談できるようになっています。

自己資金の準備

不動産投資において、ローンが使えるか否かは重要です自己資金をある程度準備しておくことが資金調達のポイント。また、ローンの借りやすさは市況や金融機関の方針に依存するため、複数の金融機関に相談することが賢明です。購入する物件の価格、融資額、運用コスト(管理費、税金、修繕費など)、将来的なキャピタルゲインの見込みなどを考慮し、予算を設定しましょう。無理なく資金を運用できるよう、計画的に進めることが成功の鍵となります。

STEP
不動産物件の選定と購入

資金調達の目安がついたら、いよいよ物件を選定し、購入手続きに移ります。注意深く物件を選び、購入プロセスをスムーズに進めましょう。

物件の選定

地域、物件タイプ、価格帯、予想収益などを考慮して、慎重に選定しましょう。投資の目標や戦略に基づいて物件を選びます。たとえば、賃貸収益を重視する場合は、需要が高く家賃の安定したエリアを検討し、キャピタルゲインを狙う場合は成長が見込まれる地域を選択します。

物件の評価と交渉

物件を選定したら、続いて物件の評価と価格交渉を行います。不動産物件の評価と価格交渉は投資の成否に大きな影響を与えます。物件の状態、立地条件、賃貸需要などを徹底的に評価し、価格交渉を巧みに進めましょう。物件の弱点や売主の動機を理解し、自身のメリットを伝えることが成功の秘訣。プロのアドバイスを受けることもおすすめです。

購入手続き

価格交渉が成功したら、購入手続きに進みます。正式な契約書を作成・署名し、必要な不動産ローンの手続きを行います。所有権の移転手続きと物件の引渡しを順調に進め、スムーズな不動産投資を実現しましょう。

不動産投資で他にも勉強しておいた方がいい項目

不動産投資を成功させるためには、以下のような項目についても十分な知識を持っておくことが重要です。これらの項目を勉強し、理解することで、投資のリスクを軽減し、収益を最大化することができます。

①物件周辺の環境調査(ハザードマップ確認)

不動産投資を検討する際、物件周辺の環境調査としてハザードマップの確認は極めて重要です。魅力的なエリアにある割安な物件がある場合、それには潜在的なリスクが潜んでいる可能性があります。過去の自然災害が物件価値に影響を及ぼし、売却が難しくなり、評価額が低下しているかもしれません。

災害リスクだけでなく、売却時に売り手が見つからないリスクも懸念されます。このような事態を回避するために、ハザードマップは必ず確認しましょう。日本は自然災害が頻発する国であり、地震、洪水、土砂災害、津波など多くのリスクが存在します。ハザードマップは、国土交通省や地方自治体によって公表され、被災想定区域や避難場所、避難経路などが詳細に記載されています。これを確認することで、災害時の対策を考えるだけでなく、物件の選定段階でリスクを最小化できます。

②賃貸需要の調査

空室リスクを最小限に抑えるために、賃貸需要を事前に把握することが不可欠です。まず、転入超過数を調べましょう。特定のエリアでの住民の増減や転入者数を確認することで、その地域の賃貸需要のトレンドを把握できます。  また、賃貸ヒートマップや賃貸情報ポータルサイトを活用して、エリアごとの賃貸市場の健全性や需要の傾向をチェックできます。

これらのサイトでは、賃貸物件の数や家賃相場、入居者の属性などの情報が提供されています。さらに詳細な情報を得るために、地元に密着して営業を行っている不動産会社に直接問い合わせることもおすすめ。地元の不動産市場に詳しい専門家から得られる情報は貴重であり、将来の賃貸需要を正確に予測できるでしょう。

③法律・税金に関する知識

不動産投資において法律と税金に関する知識も極めて重要です。税金には固定資産税や所得税、譲渡所得税などがあり、これらの税金の計算や支払い時期を把握することが資産運用の成功に欠かせません。また、不動産投資における契約や借地借家法、宅地建物取引業法などの法的規制も理解が必要。トラブルや紛争が発生した場合、適切な法的知識を持つことで的確に対処できます。

これらの知識を持つことで、不動産投資を安定的かつ効果的に行えるでしょう。信頼できる専門家の協力も重要ですが、基本的な法律と税金に関する理解はリスク管理に大いに役立ちます

まとめ

不動産投資のスタートに向けた勉強方法や留意点、そして進むべきステップをまとめました。知識の獲得は成功への第一歩。基本からスタートし、市場の動向や成功例を精査していきましょう。信頼性の高い情報源と、不動産会社や専門家のアドバイスを利用することも大切です。

資金の確保、物件選定、価格交渉、購入手続きなど、段階を追って進めていきましょう。ロードマップを追い、慎重なプロセスに従えば、安定的な賃貸収入や資産の増加に近づけます。不動産投資の成功へ、着実に前進しましょう。

今ならいくらで売れる?
初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。

初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。

すみかうるの記事をシェアする

この記事を書いた人

【保有資格】宅地建物取引士
宅地建物取引士の資格を持ち、大手不動産会社での幅広い経験から不動産ライターとして活動中。
分譲マンションの販売から資金相談、ローン手続きなど不動産のあらゆる側面を熟知。不動産会社や工務店にてブログやコラムを執筆し、集客戦略に貢献。市場動向や物件選びなどついても的確なアドバイスを提供している。
接客の経験を活かし、伝わりやすく分かりやすい記事執筆を心がける。

目次