魔法のリノベ第二話のあらすじと解説~部屋に仕切りを作りたいとき

【こんな売却のお悩みありませんか?】
  • 売れる価格を知ってから活動したい
  • なにから始めればいいかわからない
  • 直接、不動産会社には行きづらい

<全国対応!無料でご利用いただけます>

7月25日に、魔法のリノベ第二話が放送されました。

『魔法のリノベ』は、工務店を舞台にしたお仕事ドラマです。
大手から転職した敏腕営業・小梅(波瑠)と、バツ2でお人よしの工務店長男・玄之介(間宮祥太朗)は、どう立ち向かっていくのでしょうか?

今回のテーマは、夫婦の寝室問題。
しかし、小梅の元職場で、久保寺のいるグローバルも依頼を受けていたため、再びバトルが勃発!?
今回は、どちらに軍配が上がるのでしょうか?

目次

第二話のあらすじ

真行寺小梅(波瑠)は、福山玄之介(間宮祥太朗)と一緒に河内夫妻のところにヒアリングをしに行きます。
河内千聖(水野美紀)とその夫の享明(野間口徹)が寝室を広くすることで意見が一致したため、その依頼を受けたのでした。

河内家に向かうまでの間、小梅は玄之介に対して営業のノウハウを話します。
しかし、歩くのが速い小梅についていくのが精いっぱいで、話が頭に入ってこない玄之介。

手本を見せると意気込んでいた小梅ですが、河内家につくとそこには久保寺(金子大地)が。
まるふく工務店だけではなく、グローバルの話も聞きたいと考えた河内夫妻が、打ち合わせのセッティングをしていたのです。
久保寺に対してライバル心をむき出しにする小梅。

河内夫妻は寝室をリノベーションして広くしたいというのですが、小梅がその理由を聞くと千聖は口ごもってしまいます。
その違和感を察知した小梅は、敢えて夫妻の前で「帰りに喫茶チロルに寄って作戦会議をしよう」と玄之介を誘うことに。

その帰り道、久保寺は小梅に宣戦布告をします。
それを聞いていら立ち、怒りをあらわにする小梅。

喫茶チロルに着くと、小梅は河内夫妻の先程の様子がおかしいことを指摘します。
特に、妻の千聖が疲れたとアピールしているように見えたという小梅に、なんと千聖から連絡が・・・。

夫には内緒で喫茶チロルにやってきた千聖。
そして、夫と寝室を別にしたいと言い出したのです。
しかし、自分からは夫に言えないので、小梅から説明して欲しいと台本まで作ってきていました。
尚、そこに玄之介のセリフはありません。

まるふく工務店へと戻った2人は、蔵之介(遠藤憲一)、竜之介吉野北人小出(近藤芳正)、越後(本多力)、に河内夫妻の件を報告します。
夫婦で寝室を別にしたいと聞いて、早速様々な案を打ち出す竜之介。

小梅はフェアに戦うためと自分に言い訳をしながら、久保寺に千聖が寝室を別にすることを希望していると久保寺にLINEで伝えてしまいます。

玄之介が家に帰ると、息子の進ノ介(岩川晴)が「賢者の贈り物」を見ていたことで、家を出た妻のことを思い出しました。
もっと夫婦間でしっかりと話をしていたらもっと違った今があったのかと思い悩む玄之介。

そして玄之介の夢の中の冒険の場面となり、伝説の剣を見つけたところで久保寺が扮した闇の鬼神が登場し、まるふく工務店に裏切り者がいると叫びます。

小梅からのメッセージを有川(原田泰造)に伝える久保寺。
それを聞いて、小梅の罠かもしれないと疑います。

その翌日、享明からまるふく工務店に電話が来ました。
享明は、久保寺から寝室を分けることを聞き怒りの電話をかけてきたのです。
取り繕うことも出来ないまま、享明は電話を切ってしまいます。

そこで、小梅はなぜこうなったのかを説明するため、久保寺との過去を説明します。
久保寺は小梅の元カレで会社を辞めるきっかけとなった人物だったこと、未練はないが、完璧に勝ちたかったためにLINEを送ったこと、
そして、久保寺は社内に拡がった嘘の噂を信じて自分を振ったことも伝えました。

河内家に謝罪のため赴く玄之介と小梅。
玄之介は、自分が” 詫びの玄”と呼ばれていたと啖呵を切ります。
そして、着いて早々に土下座をして謝罪しました。
玄之介は、千聖にだけサービスで別プランを話したことを伝えると、
その詫びを見て享明は怒りを収めます。
そこに帰宅する千聖。

小梅と玄之介は帰ることになったのですが、享明の様子が気になった玄之介は2人の前で小梅を喫茶チロルに誘います。
玄之介の思い通り享明からメッセージが届き、喫茶チロルに訪れました。

実は、享明も寝室を分けるというプランには賛成だったのです。
その理由は千聖の歯ぎしりがすごいこと。
そして早起きの千聖に対して、享明はのんびりと寝ていたいタイプだったのです。

しかし、それを言い出すことはできませんでした。
享明は子どもが欲しいと思っていたのに千聖の事情で出来ないことが分かったばかりだったからです。
それが分かった直後に、寝室を分けたいとは言い出せないという享明。

一方、千聖は享明のことを心配し、小梅に電話をかけてきます。
お互いのことを思いやり、寝室を別にしたいと言い出せない2人の様子を見て、なんていい夫婦だと感動する小梅と玄之介。

小梅はミコト(SUMIRE)と山登りをして、どうするかを考えます。
小梅は横にいるミコトに仕事の話をしますが、その話に興味が無いのか、ミコトはテントに入ってしまいます。
そして、テントの開け閉めをしている時に閃きを得ることができました。

河内家でまるふく工務店とグローバルがプレゼンを行うことになり、久保寺は夫婦一緒の寝室がいいと提案。
しかし、小梅と玄之介はエアコンの温度設定の問題から、今は夫婦別の寝室が増えていると、寝室を分けるBプランを提案しました。

その帰り際に、小梅は玄之介を喫茶チロルに誘います。
そこに、享明と千聖からメッセージが届き、4人で話し合うことになりました。
そこで、寝室を大きなワンルームにしておき、スライドボードで必要に応じて分けることができるCプランを提案します。

この提案を気に入った享明と千聖は、
まるふく工務店にリノベーションを依頼することになり、小梅は久保寺に電話で「私は卑怯じゃない」と宣言。

おでん屋で、私情で迷惑をかけてしまったことを謝罪する小梅。
玄之介は自分の前職がOA機器のカスタマーセンターだったことを話し、仲良く2人で語らってもう一軒行こうとした時、蔵之介から電話がかかってきました。
進ノ介が待っているから、と玄之介は帰宅します。

そして、小梅には久保寺から、会って話がしたいと連絡が来るのでした。

部屋を分ける方法

通常、部屋というのは壁で区切られているものです。
しかし、最近では広い部屋に仕切りを付けることで、簡易的に区切ることができる部屋も増えています。

部屋を区切る方法はいくつかあり、例えば最もシンプルな方法はカーテンで区切ることです。
防音などの効果はありませんが、目隠しがあるというだけで部屋として認識されるでしょう。

平面で動かしやすいものであれば、ロールスクリーンがおすすめです。
白いものであれば、プロジェクターで大きな映像を流すことも出来るでしょう。
ダイニングとリビングを区切りたい時などにも、向いているでしょう。

また、採光や空間の広さを活かしたいという場合は、スケルトンタイプのパーテーションが使われます。
スクリーン型やガラス色など様々なタイプがあり、デザイン性も高いので部屋全体をオシャレにできます。

プライバシーを重視したいのであれば、パネルタイプのパーテーションがピッタリです。
ウッド調の部屋を分けるなら、木製のパーテーションがピッタリでしょう。
ぴっちりとしたボードもあれば、わずかな隙間を作って採光性を高めているものもあります。

また、木とアクリル板を組み合わせているタイプのパーテーションもあります。
隙間だけのものより採光性が高く、アクリルをすりガラス風のものにすることで視線も遮ることができます。

馴染み深く簡単なものであれば、衝立で区切ることも出来ます。
和風のイメージがあるかもしれませんが、洋風の部屋に合うデザインのものもあるため、ちょっとだけ区切りたい時などは便利です。

その他に、収納家具で区切ることも可能です。
ただし、本棚の様に反対側が閉まっているタイプでは、あまり裏側の見栄えが良くないものも多いので、裏側までこだわるかオープン棚を置くのがおすすめです。

ここで紹介したのは、特に工事などを行わなくても自分で設置することが可能な方法です。
リノベーションをする場合は、これ以外にも仕切る方法があるのです。

初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。

スライドボードについて

ドラマで出てきたスライドボードは、リノベーションをしなければ後から追加できないものです。
開閉できる壁のようなものなので、天井と床にリールを埋め込む必要があるのです。

イメージが近いのは、ふすまです。
ふすまの代わりに、様々な素材の壁として使えるものをスライドできるようにして、必要に応じて動かすのです。

この方法であれば、しっかりとした壁として扱うことができます。
アクリルタイプもあれば木製のパネルもあり、壁の厚さも様々です。
採光性や防音性、壁の頑丈さや重さなどを考慮して、好みの素材を選びましょう。

また、折れ戸式のものもあるので、壁を全面的に開きたい場合などはおすすめです。
スライド式では、どうしても壁1枚分のスペースは常に埋まってしまいますが、折れ戸式の場合は折りたたんだ時、壁の厚さの分しか埋まりません。
ただし、壁を折りたたむスペースにはものを置くことができないので、端に家具を置きたいと考えている場合は注意しましょう。

まとめ

魔法のリノベ第二話は、人を疑ってかかるグローバルと顧客に寄り添って考えるまるふく工務店との違いが浮き彫りになりました。
また、小梅は今回久保寺に情報を流したことで、若干の未練があるのではないか、と疑われる面もあります。
2回連続で小梅に負けてしまった久保寺は、起死回生の一手を打ち出してくるのでしょうか?
次回の展開に期待です!

公式HPhttps://www.ktv.kp/mahorino/
TVer 見逃し配信はこちら:https://bit.ly/3uzS8dH

今ならいくらで売れる?
初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。
初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。
すみかうるの記事をシェアする

この記事を書いた人

利根川諒志のアバター 利根川諒志 マンションリサーチ株式会社 戦略支援事業部 部長

元不動産売買プレイヤー。
主に1棟収益不動産の売買・仕入れ・コンサルティング業務に従事。
オーナー様への収益の最大化と最適な出口戦略の提示、そしてもっとも相談しやすいコンサルタントを目指す。
その後マンションリサーチにて全国の不動産会社の集客面から業務効率、ビッグデータを活用した提案やサポート業務を行う。
趣味は物件のDIY。地域コミュニティーを活かし、何か貢献したいこの頃。

宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士

目次
閉じる