正直不動産第六話のあらすじと内容に関する解説!人は何のために仕事をするのか?

【こんな売却のお悩みありませんか?】
  • 売れる価格を知ってから活動したい
  • なにから始めればいいかわからない
  • 直接、不動産会社には行きづらい

<全国対応!無料でご利用いただけます>

正直不動産は、NHKで放送中の大人気ドラマで、山下智久さんが主演です。

嘘を付けなくなった不動産営業マンが、四苦八苦しながらも正直営業をモットーとして、不動産の問題を解決していくストーリーです。

第6話では、ライバルの桐山に大きな動きがありました。
どのようなことがあったのかを、解説していきます。

目次

正直不動産第六話のあらすじ

前話で、桐山(市原隼人)がライバル会社のミネルヴァ不動産と会っていたところを見かけた永瀬(山下智久)は、桐山がスパイだと確信します。

しかし、そんな状況で登坂不動産の社長に呼ばれ、桐山と共に大型案件となる高円寺の建築条件付き土地を担当するように言われます。

その土地を売りに出した竹鶴工務店に営業に向かおうとする永瀬に対して桐山は「存続も危うい工務店だから売れるわけがない」と主張します。

しかし、永瀬は「絶対に売れない物件なんてない、ニーズに合わせて売るのが仕事だ」と言い、桐山を連れて竹鶴工務店向かいます。

2人で竹鶴工務店に行ったものの、事務所内にいる社長も事務員もやる気がありません。

工務店にとって命の工具が雨ざらしで、安物の建材を使っている状況を見て、桐山は今回の土地を売り抜いたら竹鶴工務店は廃業するのではないか、予想するのでした。

一方、永瀬の後輩の月下咲良(福原遥)は、誰か家を売りたい人がいないか聞き込みをするため、町内会長の衛藤に挨拶をしに行きます。

そこで、衛藤が夫に先立たれたことで、家を売ってケアハウスに入ろうと思っていることを聞きます。

月下は家を売る手伝いをすると言いますが、既にその物件は桐山に依頼されていることを知ります。

月下は会社に帰り、念のため桐山が作成した衛藤さんの売却資料を見ると、その物件の相場が1億円なのに、なぜか7500万円で売ろうとしていることに気付くのでした。

数日後、永瀬と桐山は、高円寺の建築条件付きの土地に興味を示した夫婦の接客をしていました。

フリープランとして売られている物件で、自由に建てていいと解釈する夫婦に対して、永瀬は「自由なのは色くらいで、竹鶴工務店に頼んだ場合は掘っ立て小屋くらいしか建てられない」と本音を言ってしまいます。

桐山は呆れて手を引こうとしますが、永瀬はそれを引き止めて、竹鶴工務店が丸投げしている下請けの秋川工務店の建築現場に行き、建築プランの見直しをお願いに行こうと提案し、2人は現場に向かいます。

現場について間もなく、桐山は建築中の家には接合金属が不足していること、つまり、コストカットされた欠陥住宅であることを見抜きます。

そこで永瀬は、欠陥住宅を建てるのはやめて建築プランを見直すよう頼みますが、棟梁の秋川は「こちらにも限界がある」と言われ、追い返されてしまうのでした。

永瀬は何とか話を聞いてもらうため、どうにか自分のことを信用してもらわなければならないと考え、現場の手伝いをすることにしました。

一方、竹鶴工務店の土地の販売に、ライバル会社のミネルヴァ不動産も介入してきます。

ミネルヴァ不動産の鵤社長は、社員の花澤(倉科カナ)と西岡(伊藤あさひ)に、登坂不動産より早く売るよう命じます。

しかし花澤は、その登坂不動産だけを標的にする鵤社長のやり方に疑問を頂くのでした。
花澤は永瀬とフェアに競い合いたいと考えていたのです。

そんなある日、営業部長(大河真澄)の案で、竹鶴工務店の情報を流した疑いのある桐山に対し、酒で酔わせて証言を得るため、飲み会をセッティングしますが、桐山は酒に強く失敗に終わります。

店を出た桐山を追った月下は、衛藤さんの家について、何故相場より安く売ろうとしているのかを訪ねました。

しかし桐山は、「黙れ、あれは俺のものだ」といって取り合いません。
その後、桐山はミネルヴァの社長とバーで会っていました。

永瀬は現場作業を手伝った甲斐があり、無事に秋川から信頼を得ることができ、建築プランの見直しを検討してくれるようになります。

そのことを竹鶴社長に伝えると、「不動産屋には関係ない」と怒られてしまいます。
永瀬は、せめて秋川工務店へのバックを増やしてくれるよう頼みますが、相手にしてもらえません。そうしているうちに花澤と西岡がやってきて、永瀬は追い返されてしまいます。

永瀬は桐山に、建築プランの変更の情報をミネルヴァ不動産に教えたのかと詰め寄り、胸倉を掴みます。桐山は、元受けが腐っているのだから下請けが頑張っても無駄だと取り合いません。
そして、自分の何を知っている、お前が今まで何をしてきたのかを考えてみろ、と永瀬の正直営業という考え方を「人は簡単に変わらない」と否定します。

それに対し永瀬は、「生活の拠点を仲介するということは、その人の人生を背負うことだ」と反論しますが、桐山は「綺麗ごとを言うな」と言い、その場を去って行くのでした。

そうしているうちに、花澤の元には物件の購入を検討する客が訪れます。

フリープランを自由に建てられる注文住宅と誤解する客に対し複雑な気持ちを抱きつつも、まずは契約してからと話を進めていくのでした。

その後、一度は建築プランの見直しを検討した秋川工務店の棟梁ですが、竹鶴工務店から「勝手なことをするなら仕事を回さない」と脅しがかけられ、永瀬にプランの見直しを忘れてくれと言われます。

それでは欠陥住宅を建てることになってしまうという永瀬に対して、秋川は「従業員や家族を路頭に迷わせるわけにはいかない」と本音を吐き出します。

月下は、衛藤に対して桐山が安く売ろうとしていることを忠告しに行きます。

しかし、桐山は毎日リハビリがてら昼の散歩をしているのに付き合ってくれて、色々な話をしているのだと言います。

一方の月下は、桐山の不正を疑って永瀬にも相談しますが、永瀬は解体費用の負担をなくして早く売るための、売主のことを考えたやり方だと説明します。

そうしているうちに、桐山が竹鶴不動産の土地の買い手候補を見つけてきました。
低所得者や高齢者を国内外で支援するNPO団体で、6棟分の土地を丸ごと使ったシェアハウスを提案して乗り気になったのです。

秋川工務店も、提示された価格ならギリギリだが、いいものを建てられると返答しました。
桐山は、永瀬に竹鶴の説得を一緒にするよう頼みます。

2人は竹鶴工務店に行きシェアハウスの提案を竹鶴にしますが、それを拒否します。
そこで永瀬は、それならこれまでの建設業法違反を告発すると詰め寄り、認めさせることができました。

桐山は下請けで苦しむ秋川工務店を見て、父親を思い出していました。
無念を晴らすために建設業界を希望していたものの全滅し、なるべくそれに近い不動産会社に就職した桐山は、いつかは父親のような社員が正当に評価される会社を興したいと思って成績に拘っていたのです。

そして、桐山に「今は、何のために仕事をしているのか?」と聞かれ、昔はお金のために仕事をしていた永瀬は、言葉に詰まるのでした。

結局、竹鶴工務店は折れて、NPOとは当初の予定より高額で契約できました。
そして竹鶴工務店は廃業し、登坂不動産は提携先を秋川工務店に変更します。

これからも大型案件は2人に任せたいと2人に伝える登坂社長ですが、桐山は突然、退職願いを出します。

その時に桐山は、自分はスパイではなくミネルヴァの社長から「欠陥マンションを建てた息子から家を買いたいという人がいるか?」と脅しをかけられていたことを伝え、このまま会社にいても迷惑がかかってしまう事を考慮した上の判断でした。

建築条件付き土地とは

今回の話で出てきた、建築条件付き土地というものは聞いたことがあるでしょうか?
これは、土地の販売で実質的に建物の受注もセットになっている土地のことを言います。
建売住宅の一種として扱われることが多く、土地を買ってから建物が建てられるという違いがあります。

土地を購入する際の条件として、一定期間内に指定業者が家を建てることを条件としているのが、建築条件付き土地です。
実は、今の土地の多くはこのような条件になっているのです。

通常、土地と建物は別のものなので、土地だけを買っても問題はありません。
その土地に建物を建てるかどうか、いつ建てるのかは買った人の自由です。
しかし、こういった条件の土地の場合は、必ず家を建てることもセットになるのです。

単純な例では、建設会社が土地を安く売る代わりに、建物を建てるのは自社に限るという条件で土地を販売しているのです。
そして、その際はフリープランとなっていることがあるのですが、実はその自由度はかなり低いものもあるのです。
建物はまだ建てられていなくても、実質的には建売住宅と同じものです。

ほとんどの場合、建設会社が用意した間取りの通りに建てられ、選ぶことができるのは内装や外壁の色くらいということもあるのです。

それでも、いくつかのパターンから選ぶことができるものや、ある程度の調整が効くこともあるという点は、建売住宅と異なる点です。

二世帯住宅にしたい、家に仕事ができるスペースを確保したい、子供部屋を増やしたいという条件がある場合は、それに合わせることも可能でしょう。

また、設備等のグレードも上げることができます。
費用が増えることを厭わなければ、ある程度の自由はあるというのがこのタイプの土地の特徴です。

条件が付く代わりに、普通の土地よりも価格が安くなります。
建築会社も、利益のメインとなるのはその上に建てる建物の建設費用なのです。
どちらにせよ家を建てるつもりなら、あまり問題はないでしょう。

しかし、建設会社にも違いがあり、好みによって頼みたい所は異なると思います。
条件が付いている土地を購入する際は、どの建設会社が建てることになるのかを確認してからにしましょう。

初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。

建築条件付き土地は本当に自由度が低いのか?

建築条件付き土地にどのくらいの自由度があるのかは、その土地の販売元によって異なります。

最初から1つのパターンに決められてしまっているケースもあれば、ある程度の選択肢が用意されているケースもあるのです。
そのため、条件がある場合はまずどのくらいの自由度があるのかを確認する必要があります。

そして、自由度がない場合でも即座に拒否するのではなく、間取りを見てそれでいいかどうかを判断しましょう。

自由度が高くても、一から自由に決められるということは滅多にありません。
そのため、選択肢を確認した上で自分の好みのものがあるかどうかを見ておく必要もあります。

作中にもありましたが、フリープランと書かれていても自由にできるところは少ないケースがあるため、確認を怠らないように注意しましょう。

まずは詳しい話を聞いて、それから契約するようにしてください。
そうしなければ、後になってから後悔してしまうかもしれないので、気を付けてください。

まとめ

正直不動産第6話では、建築条件付き土地を取り上げています。
今は建築条件付き土地が多く、何もない場合は建築条件なし土地と呼ばれることもあります。

建築条件付き土地を購入する際は、その施行を引き受ける建設会社がどこなのかをしっかりと確認し、可能な間取りなども見てよく検討してください。

土地の価格も安くなるので悪いものではないのですが、自由度の低さは仕方ないと考えましょう。

今ならいくらで売れる?
初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。
初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。
すみかうるの記事をシェアする

この記事を書いた人

利根川諒志のアバター 利根川諒志 マンションリサーチ株式会社 戦略支援事業部 部長

元不動産売買プレイヤー。
主に1棟収益不動産の売買・仕入れ・コンサルティング業務に従事。
オーナー様への収益の最大化と最適な出口戦略の提示、そしてもっとも相談しやすいコンサルタントを目指す。
その後マンションリサーチにて全国の不動産会社の集客面から業務効率、ビッグデータを活用した提案やサポート業務を行う。
趣味は物件のDIY。地域コミュニティーを活かし、何か貢献したいこの頃。

宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士

目次