正直不動産第七話のあらすじと内容に関する解説!リバースモーゲージとは?

【こんな売却のお悩みありませんか?】
  • 売れる価格を知ってから活動したい
  • なにから始めればいいかわからない
  • 直接、不動産会社には行きづらい

<全国対応!無料でご利用いただけます>

正直不動産は山下智久さんが主演のドラマで、現在NHKで大人気放送中です。

嘘を付けなくなった不動産営業マンが、正直営業をモットーとして不動産業界の様々な問題を取り上げつつ、それを解決していくストーリーになっています。

今回は、どのような問題を解決していったのでしょうか?

目次

正直不動産第七話のあらすじ

ライバルだった桐山(市原隼人)が退職したことで、永瀬財地(山下智久)は虚無感を抱いていました。

そんな中、社長から呼び出されてミネルヴァ不動産のスパイが誰だったのかを知らされます。

スパイの正体は、中島課長だったのです。

課長は、子どもが私立に進学するため学費に困っていて、その弱みに付け込まれてスパイとなったのです。

そして中島課長は社を去ることになり、永瀬は課長代理になりました。

仕事量が増えたことで自分の仕事ができなくなった永瀬ですが、そんな中で永瀬のかつての顧客が訪れます。

松永(阪田マサノブ)という客は、半年前に賃貸併用の3階建て住宅を購入しており、その際に永瀬に騙されたとして怒りもあらわにやってきたのです。

その物件の販売時、永瀬はメリットばかりを強調して説明していたのです。

松永夫妻は1階と2階を使い、3階は賃貸住宅にすることで家賃収入を得ることができるため、それでローンを支払うことで実質無料になるという説明をしていたのですが、実際には駅から遠い物件で借り手が付かず、通常の戸建て住宅よりも高額のローンを支払っていく羽目になっていたのです。

その様子を見ていた月下咲良(福原遥)ですが、営業部長(大河真澄)に商談に同行するよう言われ、その場を離れます。

商談の帰りに部長と喫茶店に立ち寄り、そこで月下は永瀬の昔の話を聞きました。

昔の永瀬は今の様な正直営業ではなく、嘘ばかりついて仲介手数料を荒稼ぎする、自己中心的な営業スタイルだったことを知ります。

一方の永瀬ですが、三友銀行の榎本(泉里香)が訪ねてきます。

銀行の顧客の中で自宅の売却を考えている人がいるので、永瀬にその自宅に行く時に同行して欲しいという依頼でした。

無事に契約が取れれば利益になると考え、永瀬はその依頼を承諾します。

早速二人は顧客の藤崎夫妻(前田吟・中田喜子)を訪ね、榎本は売却ではなく、銀行で取り扱う自宅を担保としたリバースモーゲージ型の融資を紹介します。

藤原夫妻は興味を持つのですが、永瀬はそれに対してデメリットを説明してしまいます。

リバースモーゲージには長生きをした場合のリスクがあり、契約期間を過ぎてしまった場合は契約満了時に一括返済を要求されてしまうこと、一括返済ができない場合は担保となっている自宅を奪われてしまうことを正直に伝えてしまうのでした。

そんな説明をしたため、榎本は月下に対して「永瀬に説教したいからいつもの店に連れてこい」と怒りのメッセージを送ります。

月下は永瀬に代わって謝罪をする羽目になったのですが、そんな中で居酒屋の店主から永瀬が不動産会社に勤めるようになったきっかけを聞くことになります。

永瀬は当時、父親が連帯保証人となったことで不動産会社に電話で相談していました。

そこで、偶然居合わせた登坂社長が悪徳不動産会社に替わって問題を解決してくれた、という過去があったのです。

それがきっかけとなり、永瀬は不動産会社に興味を持つようになりました。

登坂社長と話して、宅建士の資格を取得出来たら採用してやる、という社長の言葉を信じて猛勉強をした永瀬は、宅建士に留まらず不動産業界で働くために必要な資格を取得していき、登坂不動産に採用された、という経緯だったのです。

一方のミネルヴァ不動産の社長は、桐山(市原隼人)のいなくなった登坂不動産に対し、嫌がらせのように攻勢を仕掛けてきます。

そのやり方に対し花澤(倉科カナ)は、正々堂々とした方法で勝負したいと話しますが、「俺のやり方が気に食わないなら直ぐに辞めろ」と言われ却下されます。

ただ、過去にミネルヴァ不動産の社長に救ってもらった恩義がある花澤は、これ以上の抵抗はやめ、指示に従うのでした。

数日後、永瀬は再び榎本と藤崎夫妻を訪ねます。

夫はどちらかで悩んだ末、売却を選択するのですが、妻はそれに納得していない様子だと永瀬が気付き、売却ではなくリバースモーゲージにするべきだと勧めます。

妻にとって家の庭にある抗菌の砂を使った砂場は、アレルギーを持つ孫と気兼ねなく過ごすことができる、幸せな場所だったのです。

そして夫に永瀬は、「ここを売却すれば、この砂場は戻ってこない」「幸せのカタチは人それぞれだ」と伝え、それに納得した藤崎夫妻は売却を止めるのでした。

ところが、登坂不動産を訪れて再び意見を変えます。

家を残したいと思ったのは、娘や孫のことを考えてのことだったのですが、その本人たちから、今後は自分たちの幸せを考えて欲しいと言われたため、やはり売却することにしたのです。

そして、榎本は一連の様子を見て、永瀬に対しての考えが変わりました。

今後は本気で永瀬のことを狙いに行くと、本人に宣言するのでした。

リバースモーゲージとは?

リバースモーゲージは、家に住みながら担保にしてお金を借りることができる、と最近よく耳にするものです。

具体的には、どのようなものなのでしょうか?

住宅ローンの場合、お金を借りて家を購入し、その家を担保にするのですが住んでいくことができます。

その点はリバースモーゲージと似ているのですが、1つ大きな違いがあります。

住宅ローンの場合は、毎月決まった額を返済しなくてはいけません。

しかし、リバースモーゲージの場合は返済の必要がないのです。

毎月の支払いは利息だけで、元本はそのままとなります。

その代わり、借りることができる金額は自宅の評価額を参考とした融資可能額になります。

そして、契約終了後か契約者の死亡時に、元金をまとめて返済することになるのです。

元金の返済方法は、一括返済か自宅を売却して返済することになります。

一般的なローンは元金を分割して返済するのですが、この場合は最後に一括で返済するというローンとは逆の性質を持つことから、「リバース」となっているのです。

ちなみに、モーゲージは担保や抵当のことです。

リバースモーゲージで借りることができる額は、自宅の評価額の50~80%ほどです。

提供しているのは民間の銀行や住宅金融支援機構、都道府県の社会福祉協議会などの公的機関です。

また、借りたお金は一括で受け取る他、一定期間ごとに一定額ずつ受け取る方法や、契約した金額を上限として必要に応じた額をその都度受け取るといった方法があります。

また、返済に関しては余裕ができたときに繰り上げ返済が可能なケースもあります。

公的機関と民間の金融機関のリバースモーゲージは、主に金利や条件が異なります。

どちらかといえば公的機関の方が低金利で、中には無利息で提供する自治体もあるのです。

また、公的機関の場合は非課税世帯に限るなどの条件が設定されていることもあります。

老後の資金に不安がある方などには、向いているローンでしょう。

ただし自分が亡くなった後、自宅をどうするのかは被相続人と事前に話し合っておいてください。

初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。

リバースモーゲージのリスクはあり得る?

リバースモーゲージについて、長生きした場合に契約期間が過ぎると一括返済、もしくは担保権を行使して自宅を売却される可能性があるというのは本当なのでしょうか?

これに関しては、契約によるでしょう。

リバースモーゲージは多くの金融機関等で取り扱っているのですが、その際に契約期間が異なるものがあるのです。

終身契約となっているものであれば、途中で家を取り上げられることはないので安心です。

ただし、長生きした場合は融資可能な額を使い切ってしまうこともあり得ます。

そうなると、それ以上融資を受けられないうえに利息は返済していかなくてはならないので、将来苦しくなる可能性は高いでしょう。

リバースモーゲージを利用するのであれば、事前にこういったリスクを把握した上で利用しましょう。

場合によっては売却した方がいいケースや、別の方法を選んだ方がいいケースなどもあるので、よく検討してください。

まとめ

年を取ると、その後の生活などが不安になってしまうのは当然です。

その対策となる方法はいくつかあるので、自分にとってどれがいいのかはよく考えてみるべきでしょう。

時には、金銭的な価値ばかりではない価値があるケースも考えられるので、そういった点も踏まえて検討する必要があるのです。

今後のドラマの展開にも注目しつつ、不動産の扱いについてもよく考えてみましょう。

今ならいくらで売れる?
初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。
初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。
すみかうるの記事をシェアする

この記事を書いた人

利根川諒志のアバター 利根川諒志 マンションリサーチ株式会社 戦略支援事業部 部長

元不動産売買プレイヤー。
主に1棟収益不動産の売買・仕入れ・コンサルティング業務に従事。
オーナー様への収益の最大化と最適な出口戦略の提示、そしてもっとも相談しやすいコンサルタントを目指す。
その後マンションリサーチにて全国の不動産会社の集客面から業務効率、ビッグデータを活用した提案やサポート業務を行う。
趣味は物件のDIY。地域コミュニティーを活かし、何か貢献したいこの頃。

宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士

目次