正直不動産第八話のあらすじと内容に関する解説!地面師とは?

【こんな売却のお悩みありませんか?】
  • 売れる価格を知ってから活動したい
  • なにから始めればいいかわからない
  • 直接、不動産会社には行きづらい

<全国対応!無料でご利用いただけます>

正直不動産は現在NHKで大人気放送中のドラマであり、主演は山下智久さんです。

ストーリーとしては、嘘を付けなくなった不動産営業マンが不動産業界の様々な問題を取り上げつつ、それを解決していくストーリーになっています。

終盤も近づいてきた今回は、どのような問題を解決していったのでしょうか?

目次

正直不動産第八話のあらすじ

登坂不動産の営業として働く永瀬財地(山下智久)は、後輩の月下咲良(福原遥)と一緒に不動産取引流通協会が開催する懇親会へと出席します。

そこには、ライバル会社であるミネルヴァ不動産の花澤(倉科カナ)も出席していました。

その会場で、永瀬は大手不動産会社の営業である神崎の紹介で、バイロイト不動産の堀内と知り合います。堀内は、永瀬に相談したいことがあるようです。

月下は、とにかく名刺を配るよう言われているため、手当たり次第に名刺を渡していきます。

そこに、登坂不動産を辞めてフリーのブローカーになった桐山(市原隼人)がやって来ました。

永瀬も合流し、桐山がどこで働いているのかを聞くと、現在は個人でブローカーをやっているからと名刺を渡し、何かいい話があれば回して欲しいと言って去っていきます。

そして、桐山が3億の大口契約を取ったことを知った永瀬はそれを社長(草刈正雄)と部長(長谷川忍)に報告し、部長は逃した魚が大きかったと嘆きます。

一方、社長が気にしたのはバイロイト不動産の堀内の件でした。

堀内が永瀬に相談したのは5億円の大型案件で、けやき野興業という会社が高井戸にある300坪の土地を売却したいというものでした。

登坂は、永瀬が堀内を信用するというのならその件は任せるので、月下と一緒にその案件を担当するよう命じます。

手土産の鬼と自称している部長は、手土産は客の心を変えると言って月下と共に手土産を用意します。

永瀬と月下は現場の土地を確認しに行きますが、好条件の物件に見えます。

けやき野興業はイベント運営などを事業とする会社で、オフィスでは専務と取締役が対応してくれます。

月下は手土産の豆大福を渡し、専務はつぶあんが大好きと言いつつ受け取ります。

土地を売ることになったのは、会社を畳むためでした。

父親は病気ではあるものの、そのことは了承しています。

借金もあることから、なるべく早く売りたいと言われたところで、永瀬には正直の風が吹きます。

「要するに、売れる物は売ってしまって会社を畳み、借金については債権者に押し付けてしまおうということですよね?」と口走ってしまいます。

とはいえ、早く土地を売りたいと言っているので決まったも同然です。

永瀬は月下に何でもおごってやると上機嫌ですが、月下は急に榎本(泉里香)に呼び出されます。

榎本は、永瀬を本気で口説き落とす前に月下が永瀬をどう思っているのかを確認したいと呼び出したのですが、月下は先輩として尊敬しているだけで絶対に付き合うことはないと答え、榎本はそれを録音した上で月下に協力してくれるよう頼みます。

その頃、永瀬は羽振りが良かった頃に通っていたバーで一人飲んでいました。

そこに、隣の席は空いているかと尋ねる女性が来たので、たまには羽目を外そうと思ったのですが、それはマダム(大地真央)といわれる登坂社長が親しくしている女性でした。

永瀬はそのマダムから、登坂社長の昔のことを色々と教えてもらうのでした。

永瀬と月下が再びけやき野興業を訪ね、坪単価で150万円、総額で4億5千万円という価格を提示したのですが、この件にはミネルヴァ不動産も関与しており、相場よりも高い

坪単価200万円、総額6億で提示していたことを知らされます。

永瀬が社長に相談すると、「180万円なら出す。上限は190万円で、それ以上になるなら手を引け」と言われます。

永瀬はミネルヴァの鵤(高橋克典)とどんな因縁があるのかを訪ねますが、社長にははぐらかされます。

そして、永瀬は手付金として5700万円を3週間以内に決済するという好条件を提示し、けやき野興業の2人は急に態度を変えてその条件を了承し、すぐに買付証明書が欲しいと言い出します。

その態度が引っかかった永瀬は、入院中の社長の見舞いに行って様子を探ります。

しかし、その態度からは怪しいところが見えません。

結局永瀬は買付証明書を渡すことにして、身分証のコピーを取ります。

専務もパスポートを身分証明書としてコピーを取り、1週間後に手付金を支払って残額は3週間後に支払うと永瀬は約束します。

しかし、それでも永瀬は何かが引っかかっています。

登坂不動産では、既にその土地の転売先も見つかり1億円の儲けが出ると部長が喜んでいました。

しかし登坂は浮かない顔で、永瀬を信頼して任せると言って出かけます。

永瀬には、堀内から土地売買の件を聞いたということでお礼の電話が来ます。

そして、永瀬は桐山をカフェに呼び出し、今回の件が自分の過去の嘘営業とそっくりなやり方だという点が気になると告白します。

実は、桐山はけやき野興業との仕事はすぐに手を引いています。

桐山はその理由として、けやき野興業の2人は見るからにスーツを着慣れておらず、靴も合っていない点を指摘し去っていきます。

そこで思い出されたのが、過去にあった地面師の事件です。

身分証明書がパスポートという点も、過去の事件と同様です。

地面師は偽造パスポートを使っていたことが思い出され、実はあの2人は地面師なのでは?と思い至ったのです。

そこで、手付金を振り込む前にけやき野興業が借りている部屋があるビルを管理する乙女橋不動産を訪ね、担当者に2人についての情報を聞きます。

そこで、かつて専務は自分と同じくこしあんが好きで2人で盛り上がったという話を聞きます。

確たる証拠はないのですが、つぶあんが大好きと言っていた矛盾から地面師と判断します。永瀬と月下はけやき野興業に行き、会社の都合で支払いができないと謝罪し、そこでも正直の風が吹き、永瀬は直球で「地面師なのでは?」と切り込んでしまうのでした。

今回の話が無くなってしまい、永瀬と月下は部長に怒られます。

そして、土下座大福を買ってけやき野興業を訪ねるよう指示され、また訪ねます。

しかし、オフィスはもぬけの殻でした。

やはりあの2人は地面師で、けやき野興業もペーパーカンパニーだったのです。

そのことを登坂に報告し、直球で切り込んだことが功を奏したという月下に登坂は「私も正直に言えたら」とつぶやきます。

永瀬はバーでマダムと会い、登坂が過去に働いていた不動産会社を辞めたのは地面師に引っかかってしまったからという話を聞きます。

登坂は疑っていたものの、利益に目がくらんだ上司が契約を進めた結果、10億の損害が出てしまい、上司は登坂にその全責任を押し付けたのです。

永瀬が登坂と会うと、登坂は、相手を信じるといった永瀬を信じ、地面師だった場合は自分が責任を取るつもりだったと告げます。

13年前、学生時代の永瀬に合った登坂は、永瀬にかけていたのです。

人を信じるということは、相手に全てをかけるということだというのが登坂の考えだったのです。

裏切られたとしても、それは自分の責任だという登坂に、永瀬はこの会社に入ってよかった、必ず日本一、世界一の不動産屋にしてみせると誓います。

本当かという登坂に、私は嘘が付けないという永瀬。

登坂との絆も深まったものの、地面師の件に手いっぱいで今月の成績がピンチです。

とりあえず銭湯に行こうと家を出たところ、外には榎本が待っていました。

会社を出た永瀬の後をつけてきたのですが、タワマンに住んでいると聞いていた榎本はココに住んでいるのかと永瀬に問いかけます。

永瀬は「このことは誰にも言わず、2人だけの秘密にしてください」と榎本の手を取ってお願いします。

榎本は、2人だけの秘密という言葉にときめくのでした。

地面師とは?

今回の話では「地面師」というものが出てきたのですが、これはどのようなものなのでしょうか?

簡単に言えば、土地に関しての詐欺を働く詐欺師、及びその詐欺行為のことをいいます。

地面師による被害が特に多かったのは、第二次世界大戦の終戦直後です。

当時、都市部にあった登記に関わる業務を行っていた役所が被災し、書類などは消失してしまいました。

また、当時の社会情勢や役所内での混乱などもあったことから、不動産の登記やその証明は確実に行うことができないこともあったのです。

そして、土地の価格が高騰したバブル時代には利益も大きくなったことで、地面師が増加していました。

その後、登記簿や印鑑証明などの権利移転に必須となる書類が電子化されたことで、他人へのなりすましは困難となり地面師は鎮静化してきました。

しかし、2010年代半ばからは東京オリンピック開催に伴って都内の地価が上昇したため、管理の行き届いていない土地や所有者の事情から表面化していない土地などを中心として地面師による被害が起こっています。

地面師は、基本的に複数人のグループで詐欺行為を働きます。

全体の計画やターゲットの情報の調査、書類などの偽造、取引の代理人として交渉、司法書士としてサポート、所有者のふりをするなどの担当に分かれて行われるのです。

書類を偽造し、その土地の持ち主に成りすまして土地の売買契約を行い、代金を受け取ることができれば詐欺行為は成功します。

そして、買主は騙されたことに登記の段階で気付くことになるのです。

土地を買った場合は法務局で登記の手続きをするのですが、所有者が認めていないためその手続きは却下されてしまいます。

また、現地に立ち入ろうとしたときに本物の所有者とトラブルになるケースもあります。

そうして騙されたことに気が付いても、その頃には地面師グループも行方をくらましています。

そうして、既に支払ってしまった代金を取り返すことも出来なくなってしまうのです。

初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。

本当に地面師に騙されることはある?

地面師は戦後の混乱期などに多くの被害を出し、バブル期は少数でも多くの利益を得ていたのでしょうが、今は書類の電子化も進み偽造も難しくなったことで、あり得ないのではないか、と思う人もいるでしょう。

しかし、実は最近でも被害が起こっています。

特に大きいのは2017年の事件で、その時は積水ハウスが偽造書類によるなりすましで騙され、55億円もの被害を被ってしまいました。

品川区にある旅館の約600坪の土地の売買に関するもので、不動産業界では注目されている土地でした。

その土地の所有者を名乗る女性と積水ハウスで、70億円の売買契約を結んでいたのです。

売買の窓口となったIKUTA HOLDINGS株式会社が6月1日に所有権移転の仮登記を行い、同日に積水ハウスに移転請求権の仮登記がなされました。

その時点で、売買代金の70億円のうち63億円を支払い、すぐに所有権移転登記を行ったのですが、その売買は成立しなかったのです。

そして、6月24日に所有者の実弟が相続を原因として所有権を移転し、7月4日に登記しました。

所有者は既に亡くなっていたことで、登記所がトラブル案件と認めて積水ハウスの売買予約を認めず、実弟とされる男の所有権移転を認めたのです。

積水ハウス地面師詐欺事件と呼ばれるこの出来事で、購入代金の回収が困難なことから、その被害相当額は連結決算において特別損失として簿記計上されています。

このように大きな企業でも、ほんの数年前に地面師の被害に遭っているのです。

まだまだ、地面師がいる可能性は否定できないでしょう。

まとめ

正直に生きるしかなくなった永瀬ですが、その特性を生かすことができるようになり登坂社長との絆も深まっています。

登坂社長の過去についても触れられましたが、果たしてミネルヴァの鵤社長とはどんな因縁があるのでしょうか?

また、榎本との恋愛がどうなるか、月下はこのまま応援するのかといった点も気になるところです。

次回は、どのようなことが起こるのでしょうか?

第九話の展開も、非常に楽しみです。

今ならいくらで売れる?
初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。
初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。
すみかうるの記事をシェアする

この記事を書いた人

利根川諒志のアバター 利根川諒志 マンションリサーチ株式会社 戦略支援事業部 部長

元不動産売買プレイヤー。
主に1棟収益不動産の売買・仕入れ・コンサルティング業務に従事。
オーナー様への収益の最大化と最適な出口戦略の提示、そしてもっとも相談しやすいコンサルタントを目指す。
その後マンションリサーチにて全国の不動産会社の集客面から業務効率、ビッグデータを活用した提案やサポート業務を行う。
趣味は物件のDIY。地域コミュニティーを活かし、何か貢献したいこの頃。

宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士

目次