正直不動産第九話のあらすじと内容に関する解説!眺望権とは?

【こんな売却のお悩みありませんか?】
  • 売れる価格を知ってから活動したい
  • なにから始めればいいかわからない
  • 直接、不動産会社には行きづらい

<全国対応!無料でご利用いただけます>

NHKで放送中の、山下智久主演のドラマ「正直不動産」も、いよいよクライマックスが近づいてきました。

今回は、登坂不動産の登坂社長とミネルヴァ不動産の鵤社長の因縁や、花澤の過去が明らかになります。

多くの事情が明らかになる重要な今回は、どのようなストーリーなのでしょうか?

目次

正直不動産第九話のあらすじ

出社した永瀬財地(山下智久)に、月下咲良(福原遥)が榎本(泉里香)とどうなったのかを聞いてきます。

話をしていた「しょうじきもん」のマスターがあちこちに触れ回っているようで、大河部長(長谷川忍)もマスターからメールをもらってそのことを知っていたようです。

大河部長は、メインバンクとの付き合いが大事な時期だから、そこで働く榎本とは絶対に付き合い、一生別れるなと永瀬に言い聞かせます。

現在、ミネルヴァ不動産によって案件が奪われるだけではなく、人員までも奪われるようになっていて、登坂不動産は創業以来の大ピンチを迎えていたのです。

ただ登坂社長(草刈正雄)は、鵤社長(高橋克典)のことをしつこい男といってひょうひょうとしています。

そしてミネルヴァ不動産では、花澤(倉科カナ)がこれまでの連続1位の記録を途切れさせていました。

そんな中、登坂不動産にはマンション購入希望の島村夫妻(金田明夫・手塚理美)が訪れます。

子どもと同居するので4LDKの物件を探していて、夫はリビングから富士山が見える物件を希望しています。

しかし、その物件だと条件が厳しいため、妻は富士山を諦めても良いというのですが、月下は自分が見つけてみせると大見栄を切って、その条件の物件を探して見せると引き受けます。

永瀬の元には、不動産投資をしたいという小室(金田哲)が訪れます。

カタカナ英語を混ぜて離す小室は、不動産投資の基本すら知らずに利回り10%以上の物件を見つけるよう言いますが、そこに永瀬の正直なコメントがさく裂します。

インチキの不動産セミナーにでも行って騙されただけだろうという永瀬に対して、小室はセミナーで言っていた夢を語る人間を否定するドリームキラーだと苦情を言います。

そして、少しでも売上を伸ばしたい大河部長は物件を見つけると引き受けてしまいます。

島村夫妻の条件に見合った物件を探す月下には、島村から電話が来ます。

島村はいい物件を見つけたといい、月下がその物件に行くとそこにはミネルヴァの花澤がいました。

条件通りだと喜ぶ島村夫妻ですが、月下はその物件を知った上で候補から外しました。

何故なら、その物件と富士山の間には6カ月後からタワーマンションが建設され、3年後には富士山が見えなくなってしまう予定だったからです。

それを聞いて話が違うという島村夫妻は契約解除すると言い出しますが、花澤は買主都合のキャンセルなので手付金は変換できないと言います。

月下も説明義務違反ではないかと言いますが、眺めがいいとは言ったものの富士山が見えるとは言っていないと反論します。

チラシに富士山が掲載されていると言っても、それに関しての記述はないため責任はない、と花澤は反論します。

そして、訴えると言われると、日照権とは違って眺望権が認められることは少ないので、無駄になるだけだと伝えます。

しかし、月下は眺望権が認められた例も少ないものの存在するので可能性はあると伝え、自分がここよりも良い物件を見つけてみせると豪語します。

社に戻って永瀬や大河部長に手助けがいるか聞かれるものの、月下は自分と花澤の女の闘いであり「何としてもあんたら男に譲るわけにはいかへんのや」と極妻風に意気込みます。

永瀬には、小室から物件を見つけたという連絡が入ります。

小室が見つけたのはマダム(大地真央)の持ち物件で、ミネルヴァ不動産に仲介を頼むと言われます。

この物件は登坂不動産の管理物件だったため、永瀬はすぐさまマダムの元を訪れて、事情を問いただします。

マダムは確かに登坂社長と長い付き合いだが、鵤社長とも同じく付き合いが長いんだから頼んでもおかしくはないといいます。

鵤に騙されているという永瀬ですが、マダムはそれでも自分の気持ちに正直に生きたいと反論します。

そして、相場は5000万円だが今回は5400万円で売れることになっているので、それ以上の価格を出せるならそちらに依頼しても良いとは言われましたが、これまで登坂不動産では眠らせておいた状態だったため、反論もできません。

何かを得たいのなら何かを犠牲にしなくてはならない、犠牲なしに得られるほど人生は甘くないと言われてしまいます。

カフェで考え事をしていた永瀬は、桐山と出くわします。

情報を持っていそうな桐山に鵤社長の過去を聞くと、桐山は渋々と教えてくれました。

鵤社長は幼い頃に両親に捨てられて天涯孤独となっていたのですが、10歳頃に不動産屋の里親に引き取られていたのです。

しかし、その里親は地面師でした。

そこで地上げ屋詐欺を学び、若くして組織の重要な役割を務めていた鵤ですが、里親はフィリピンに潜伏していたところを逮捕されていたのです。

そして、その逮捕に協力したのが登坂社長という因縁があったのです。

マダムと鵤社長は、成約祝をしていました。

鵤にとってその日は獄中で死んでしまった里親の命日であり、マダムは登坂を憎むのは筋違いだと言います。

しかし、鵤は父親を自分で殺すつもりだったのに獄中で死んでしまったことを恨んでいて、登坂にはその代償を払ってもらいどうあっても抹殺してみせるといいます。

永瀬がアパートに帰って登坂と鵤の因縁を考えていると、そこに肉じゃがを持った榎本が来ます。

入れてくれなければアパートのことを会社にばらしてしまうといわれ、部屋にあげることになりました。

肉じゃがはとても美味しく、ビールを飲みながら2人は談笑します。

すぐ引っ越しできるよう荷物を段ボールに入れたままにしている永瀬に榎本はタワーマンションを勧めるのですが、それは永瀬がつい先日まで住んでいたところでした。

そして、永瀬は窓の外を見ながらこのアパートも気に入っていると語ります。

風呂もなく電気も点滅するぼろいアパートですが、ここの方が生活しているという実感が持てるという永瀬に、正直なあなたが好きだから結婚を前提として付き合ってほしいと榎本が告白します。

永瀬は自分なんてろくなもんじゃない、と言いますが、榎本は永瀬の稼ぎはあてにせず自分が養うからと言って迫ってきます。

それはさすがに情けないと永瀬はいいますが、そんな時代はもう終わっていると一蹴されます。

そのことに悩む永瀬が出社すると、島村夫妻がもめています。

そこで富士山に拘る理由を月下が尋ねると、2人の結婚は富士山のお陰だからだと教えてもらいます。

山梨と静岡の出身で、同じアパートに住んでいて2人揃って富士山を窓から見ている時に知り合ったのが縁だったのです。

そして島村夫妻は、花澤に紹介されたあの物件を断るため息子夫婦がミネルヴァ不動産に行っていると話している時、ちょうど息子から電話が来ます。

しかし、その電話を聞いている夫の顔が曇っていきました。

あの物件に決めたいという息子からの連絡を聞いた月下は島村夫妻とミネルヴァ不動産に向かい、富士山が見える物件を自分が見つけるからそれと比較してから決めて欲しいと言います。

しかし、それを見た上で後日、やはりミネルヴァ不動産の物件に決めてしまいました。

自分たちより息子夫婦の方が長く住むところだから、希望通りにしたいという島村夫婦。

そして、永瀬はそのマンションの周辺情報を見て決めた理由を察します。

その周囲には保育所や公民館などが揃っていて、子育てに向いている環境だったのです。

月下は花澤を「しょうじきもん」に呼び出し、罵ったことを詫びておごるといいます。

最初は怒って許さないつもりでいた花澤ですが、お酒が進んだところで許すと言ってご機嫌になりました。

そして、自分がかつて施工管理者として働いていたこと、その現場は男尊女卑がひどく言うことを聞いてもらえず、セクハラも当たり前でつい涙を流してしまっていたこと、そこに挨拶のためにきていた鵤社長から、社会のせいや性別のせいなど何かのせいにしていればいい、成功を阻んでいるのは自分自身だ、自分の会社なら性別も年齢もキャリアも関係ないからうちに来いと花澤を救ってくれたと語ります。

だからミネルヴァ不動産は辞めない、結果を出して会社を変えたいという花澤に対して、永瀬は自分にも覚悟があると言います。

そして、花澤が返った後月下は、花澤に適うわけがないと実感して落ち込みます。

永瀬はそんな月下に対して、確かに覚悟の違いはあるが比べる必要もない、月下は今のカスタマーファーストを続けていくのも素晴らしいものだ、自分たちが向き合うべきはライバル会社ではなくお客様だと言い、月下はきっといい営業になると保障します。

それを聞いた月下は、初めて褒められたと感涙します。

永瀬がその涙を拭いてあげていたところに、折悪く榎本が来店します。

月下に寄り添って涙を拭く永瀬を見て、方言で絶対許さないとつぶやきました。

その翌日、朝礼中の登坂不動産を鵤社長が訪れます。

登坂社長に対して、もう限界のはずだ、自分の傘下に入らないかと提案しますが、登坂不動産はそんなにやわな会社じゃないと言い返すのでした。

眺望権とは?

今回のストーリーでは、眺望権という聞きなれないものが出てきました。

眺望権とは、いったいどういうものなのでしょうか?

その権利について、解説します。

不動産の権利でよく出てくるのが、日照権です。

要するに日当たりの良さですが、それを妨げるようなことがあれば日照権の侵害となるのです。

これは、最初から日当たりの悪い場所に住んでいる場合は関係ありません。

何らかの要因で、元々の状態より日当たりが悪くなった場合に侵害となるのです。

よくあるのが、タワーマンションなどの高層建造物が新たに建てられたケースなどです。

眺望権というのは、それと似たようなものです。

建物から見える景色を他の建造物によって遮られることなく、これまでの風景を眺望できる権利のことを言います。

しかし、眺望権というのは法律上認められているものではないため、裁判でもあまり認められることはありません。

日照権と比較して重要性が低いため、保護される権利としての立場は弱いのです。

何故なら、日照権の侵害は心身の健康に対して大きな影響を与える可能性が高いのですが、眺望権は景色を楽しむ権利が侵害されるとはいえ心身の健康には被害を及ぼす可能性が低いからです。

眺望権は、通常の住宅街においてあまり重視されるものではありません。

特別にその景色に価値が見いだされる場合のみ、認められると思っていいでしょう。

例えば、眺望が特段にいいということを売りにしている別荘地等です。

眺望に価値があると認められた場合、もしくはその場所の価値が眺望によるものである場合などの理由があれば、認められるのです。

作中の場合、富士山が見えるという状況がその物件の付加価値となっているかどうかが重要なポイントとなり、富士山が見えることに特別な価値を見出しているかどうかで判決が変わってくるでしょう。

また、似たようなものに景観権というものがあるのですが、これは自然の風景全体やその地域の街並みなどに対して地域の住民が共通して持つ権利です。

歴史的・文化的な価値をもつ景観を享受する権利等で主に使われます。

初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。

眺望権の裁判について

眺望権が侵害された時、裁判を起こしたとしてもそれが認められることはあまりないのですが、いくつかは認められた例もあります。

どのような場合に認められるのか、解説します。

大阪では、会社の保養地として別荘を建て、木曾御岳山の山並みを楽しむことを考えていたのに、リゾートマンションが近くに建設されたことで眺望を阻害されたと訴えました。

この場合、眺望に特別な価値があり、それを遮るものとなったことや、事前の説明などがなかったことなどから損害賠償請求が認められました。

また、東京で隅田川の花火が見えるマンションを購入したのに、そのマンションと同じ業者が近くに建てたマンションのせいで花火が見えなくなったため、損害賠償を求めました。この場合は、請求額の減額はありましたが損害賠償を認められたのです。

今回のストーリーの場合はこの花火のものに近いため、訴えた場合認められる可能性はあるでしょう。

ただし、その点をセールスポイントにしているかどうかが重要となります。

まとめ

同じ不動産の営業でも、どのようなスタンスで行うのかは人によって異なります。

正直にしかできない永瀬とカスタマーファーストの月下、成績を上げて会社を変えていきたい花澤と、それぞれの思惑は時にぶつかり合い、時には学び合うこともあるでしょう。

次回はいよいよクライマックスを迎えるのですが、果たして登坂不動産とミネルヴァ不動産との因縁はどのような結末となるのか、楽しみにしましょう。

今ならいくらで売れる?
初めての方にオススメできる
一括査定サイトNo.1

最短わずか60秒無料一括査定で、あなたのマンションを高く評価してくれる不動産会社にまとめて査定依頼。
初めてマンションを売りたい方にオススメできる一括査定サイトNo.1に選ばれているので、安心してご利用いただけます。
すみかうるの記事をシェアする

この記事を書いた人

利根川諒志のアバター 利根川諒志 マンションリサーチ株式会社 戦略支援事業部 部長

元不動産売買プレイヤー。
主に1棟収益不動産の売買・仕入れ・コンサルティング業務に従事。
オーナー様への収益の最大化と最適な出口戦略の提示、そしてもっとも相談しやすいコンサルタントを目指す。
その後マンションリサーチにて全国の不動産会社の集客面から業務効率、ビッグデータを活用した提案やサポート業務を行う。
趣味は物件のDIY。地域コミュニティーを活かし、何か貢献したいこの頃。

宅地建物取引士/賃貸不動産経営管理士

目次