不動産のお悩み相談室

REAL ESTATE Q&A

  • 私が回答します

    投稿日
    2024/07/17

    本田憲司

    不動産売却サポート関西株式会社

    • 40代
    • 大阪府
    • 男性
    • 不動産会社

    初めまして不動産売却サポート関西の本田憲司と申します。

    リフォーム済み中古物件のご検討との事ですが、マンションの管理状態の確認も忘れずにして下さい。
    例えば共用部の清掃が行き届いているのか?マンションエントランスのどこかに管理組合の掲示板にタバコの匂い、騒音、ペットの飼育問題などマンション全体で問題があれば告知してあります。
    100%問題の無いマンションは無いですが購入する決め手は室内だけで判断するのは後々後悔にも繋がりますのでご注意下さい。

    一助になれば幸いです。

  • 私が回答します

    投稿日
    2024/07/15

    奥林洋樹

    H.L.C不動産コンサルティング

    • 50代
    • 北海道
    • 男性
    • 専門家

    ご相談、拝見しました。

    マンションは専有部分以外を単独で改修できないこともあり、建物や管理状況について特有の注意が必要です。

    そのため以下のようなポイントについてチェックすることをお勧めします。

    耐震性:1981年6月1日以前に建築確認申請が提出されたマンションの場合、旧耐震基準で建築されている可能性があります。耐震補強工事が実施されているかどうかを確認しましょう。これは管理会社で確認できます。

    外壁:ひび割れや塗装の劣化について目視で確認しましょう。あわせて、長期修繕計画の実施状況についても確認しておくと良いでしょう。

    共用部分:エントランス、エレベーター、廊下、階段、駐車場等の劣化状況と、清掃状況を確認しましょう。

    水回り:水回り、とくに配管は劣化しやすい箇所です。実際に水を流して確認するのはもちろん、リフォーム済みの場合は実施時期や実際の状態について確認しましょう。

    騒音等:「音」に関して相隣トラブルが発生しやすいのがマンションです。管理組合の議事録を確認したり、売主や媒介会社に騒音トラブルが発生したことはないかを確認すると同時に、内見時に気になる音がしていないかをチェックしましょう。

    管理組合:管理組合の運営状況は、マンションの価値に影響を与えます。議事録はもちろん、住人参加の度合いも確認しておきたいものです。

    日当たり・風通し:内覧時には採光状態や風通しを確認しましょう。日中であれば照明は消して確認することが肝要です。

    以上の点を考慮すれば物件自体で失敗する可能性は低いでしょう。また、最寄りの学校や病院、公共施設、スーパーなどは資料に記載された移動時間を鵜呑みにするのではなく、自ら歩いて時間を確認しましょう。不動産の販売資料では、「80m=1分」を目処におよその時間を測りますが、実際には信号や踏切の影響で誤差が生じます。

    以上、簡単にポイントをまとめました。参考になれば幸いです。

  • 私が回答します

    投稿日
    2024/06/17

    土井 孝幸

    不動産売却サポート関西株式会社

    • 50代
    • 大阪府
    • 男性
    • 不動産会社

    不動産売却サポート関西の土井と申します。

    中古マンションの場合は室内は勿論ですが管理体制や状況の確認が必要です。

    長期修繕計画、管理費・修繕積立金等変更計画の有無、滞納金の有無、マンションの修繕履歴、マンション内でのトラブルの有無等や必要であれば駐車場・駐輪場・バイク置場の空き状況を確認頂ければと思います。

    これ等を不動産業者担当に確認し、その時の対応なども見ながら購入する物件や任せる不動産業者も選んでいただければと思います。

    参考になれば幸いです。

以下の記事もよく読まれています