不動産のお悩み相談室

REAL ESTATE Q&A

  • 私が回答します

    投稿日
    2019/05/02

    マンションナビ運営事務局

    マンションリサーチ株式会社

    • 30代
    • 東京都
    • マンションナビ運営メンバー

    中古マンションでは見た目と実際の老朽具合にかなり開きがある場合があります。購入した時点では問題が見つからなかったとしても、しばらくしてから劣化によって問題が発生するケースは少なくありません。

    そして水道関係の劣化は外観からの判断が難しく、実際に使用してみるか業者に調査を依頼した方がいいケースもあります。もし劣化から何か問題が生じた場合、日常生活にも大きく影響が出てきてしまうため、より慎重な対応が必要です。

    同様にガス関係の設備劣化も購入前では気づきにくく、床暖房や給湯機が正常に稼働するかのチェックを事前に可能であれば実施した方が良いでしょう。水道やガスも内見時には正常に動作していたとしても、蓋を開ければひどく老朽化しており入居後すぐに多額の修理費用がかかった、となる可能性もありますので注意しましょう。

    事前の調査不足により、結局のところ新築のマンションを購入しておけば良かったという目に遭わないように、インフラ設備が実際どうなっているかは管理会社にしっかりと確認しましょう。

以下の記事もよく読まれています