不動産の
お悩み相談室

REAL ESTATE Q&A

  • 私が回答します

    投稿日
    2019/06/06

    マンションナビ運営事務局

    マンションリサーチ株式会社

    • 30代
    • 東京都
    • マンションナビ運営メンバー

    離婚が具体的に決まったならば、まずは住宅ローンにおける不動産名義の確認と、財産分与の確認を行いましょう。

    住宅ローンにおける不動産名義は、組んでいる土地や建物が誰の名義になっているのかを、法務局で確認することができます。その際、法務局では、不動産の登記簿謄本を取得しましょう。また、登記簿謄本で主債務者や連帯保証人が誰で登録されているのかもしっかりと確認が必要です。

    一方、財産分与は、土地や建物などの不動産も対象となってきます。しかし不動産の取得が婚姻前のものであれば、財産分与の対象外となり、婚姻中に取得したものであれば財産分与の対象になりますので、離婚後のお互いの暮らし方をよく考えて分与の割合と支払い方法を決定しましょう。

    ちなみに、住宅ローンが残っていた際の不動産分与の仕方は、大きく分けて三つに分類することができます。家の評価額を算出して相当する財産を分与する方法と、売却して現金で分配する方法、もしくはどちらかに譲渡するという方法です。いずれにしても、売却以外はどちらかが離婚後もローンの支払いを行うわけですから、お互いが納得できる形で決定をする必要があります。

以下の記事もよく読まれています