不動産のお悩み相談室

REAL ESTATE Q&A

  • 私が回答します

    投稿日
    2024/06/22

    渥美誠

    不動産専門家

    • 40代
    • 愛知県
    • 男性
    • 専門家

    不動産投資は投資する物件によって成否が変わるため、どのような物件を選んだらいいのか理解しておきたいものですよね。

    不動産投資する場合、賃貸需要が高い地域で複数戸を所有するのが基本です。

    不動産の売買市場、賃貸市場は需要と供給のバランスで成り立っています。つまり、人口が減っている人気のない地域では、いずれ入居者を探すのが難しくなるでしょう。人口が増えている地域であれば、人気があると判断でき、需要も下がりにくいと判断できます。

    また、間取りが地域にあっているかも重要です。駅前の繁華街のファミリータイプや、郊外のワンルームに高い需要はありません。人口と地域特性を考えておくことが大切です。

    次に戸数ですが、1戸だけ運用するのはリスクが高すぎます。1戸しか所有していないときに空き家が発生してしまうと、収入が途絶えてしまうからです。不動産投資をしていると必ず空き家が発生します。区分所有マンションを所有するなら、複数戸購入するといいでしょう。アパートや一棟マンションであれば、空き家リスクを分散できるため、そこまで気にしなくてもいいかもしれません。

    なお、ご質問の中に減価償却費という言葉が出ていなかったため、質問者様が価償却費について理解されている前提で回答しています。減価償却費について理解していないと、リスクを分散したり、いい物件を購入しても利益の最大化は見込めません。もし、まだ減価償却費の知識がないというのであれば、まずは減価償却費を学んでから不動産投資していきましょう。

以下の記事もよく読まれています