不動産の
お悩み相談室

REAL ESTATE Q&A

  • 私が回答します

    投稿日
    2019/04/02

    マンションナビ運営事務局

    マンションリサーチ株式会社

    • 30代
    • 東京都
    • マンションナビ運営メンバー

    入居申込書を提出する際に、数千円から賃料の1ヵ月分を「申込金」として不動産会社に預ける事があります。「預り金」「申込証拠金」という名目でも呼ばれますが、簡単に言えば「借りたい」という意思表示を行い、入居申し込みの優先順位を確保するためのものとされます。

    ここで重要なのは、「申込金を預けた段階では、まだ賃貸借契約が成立した訳ではない」という点です。

    例えば家主の承諾が得られなかったり、申し込みをキャンセルする事になった場合には、契約が成立しなかったものとしてお金も戻ってきます。また注意したいポイントとして、入居申し込みを行った後に気が変わってキャンセルした場合、返金されずトラブルになる事があります。申込金を預ける際に、「申込金として受領。 契約不成立やキャンセルの場合には返還する」と明記してもらう事で、未然に防ぎましょう。

    「手付金」は、賃貸借等の契約に際して相手方に交付される金銭または有価証券を指します。契約の成立を証する目的があり、手付金の放棄または倍額の償還によって契約を解除する事ができます。申込金と異なるのは、後から気が変わってキャンセルした場合でも、返金される事がないという点です。ただし家主が一旦入居を承諾した後に拒否した場合は、手付金の倍額が戻ってきます。

以下の記事もよく読まれています