不動産のお悩み相談室

REAL ESTATE Q&A

  • 私が回答します

    投稿日
    2024/06/05

    品木彰

    不動産専門家

    • 30代
    • 大阪府
    • 男性
    • 専門家

    住宅ローンの借り換えを検討する際は、シミュレーションを活用して、金銭的なメリットがあることを確認することが重要です。

    借り換えの際には、融資事務手数料や保証料、登記費用、印紙代などの諸費用がかかります。また、現在のローンの残債を一括で返済する必要があるため、その際に手数料がかかることもあります。これらの費用を踏まえると、借入金利が低い住宅ローンに借り換えをしたとしても、実際にはさほどメリットがないこともあります。

    そのため、借り換えによる返済額の減少額と諸費用を比較し、トータルでどれだけのメリットがあるのかを見極めることが大切です。

    また、借入金利や諸費用の金額は金融機関によって違いがあります。借り換えの際は、複数の金融機関から情報を集め、じっくりと比較検討することをおすすめします。

    必要であれば、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談するのもよいでしょう。借り換えをした場合の返済シミュレーションを行ってくれるだけなく、第三者の視点から見たメリットやデメリットも教えてもらえるはずです。

  • 私が回答します

    投稿日
    2024/05/29

    本田憲司

    不動産売却サポート関西株式会社

    • 40代
    • 大阪府
    • 男性
    • 不動産会社

    初めまして不動産売却サポート関西の本田 憲司と申します。

    15年前に住宅ローンをお組になったとすれば今よりも金利は高い設定かと思います。
    借り換えの目安は今の住宅ローンの金利より借り換えた際の金利差がマイナス0.2%以上あると返済総額が減るメリットが有ります。※借り換えするにも銀行費用が発生する為です。
    今の住宅ローンを組まれた時期を鑑みると0.5~1%は低くなるように思いますので、住宅ローンを取り扱っている銀行に相談する事をお勧めします。
    大袈裟なネット広告は有りますが、借り換え検討をして借り換えるかどうかはご自身で最終判断すれば良いかと思います。

    注意点としては
    ①返済期間が短くなったりして返済額が上がる事が無いかの確認
    ②現時点のご年収や勤務先などを考慮して審査しますので、書類の準備が必要
    ③金利差0.2%程度であれば今のままで借り換えなくても結構です。

    一助になれば幸いです。

以下の記事もよく読まれています